人気ブログランキング |

梅一輪、春来る?

3月3日  火  曇り    旧暦 1月13日
d0101846_08161838.jpg
あ〜、お雛さまでありました。出してあげねばなりませんね。
今年は梅の相棒の蕗の薹が一個も出ず。
毎年一緒に活けて飾ってたのに。
夏に羊歯が茂り過ぎて負けたのだろうか。
自然界も少し変なことがある。
去年は椿の実が成らなかったし、他にも探せばあるだろう。
蛙も蜘蛛も減った。

この白い水玉の生地は上等生地売り場で、去年の夏のバーゲンで買ったのだが、少々難しくて何にしようかずっと考えていた。
少し艶があるのでフォーマルにも使えそうだが、フォーマルには縁がないし、フォーマルを仕立てるほどの腕もない。

なんだか、神主さんの衣装のようでもあるし、相撲の行司さんが着る衣装にもこんなのがありそうだ。
寝かせておいても仕方ないので、作ってみたよ。
下の縞の生地が意味がある。






by daikatoti | 2015-03-03 08:29 | 簡単洋裁 | Comments(2)
Commented by wate at 2015-03-03 23:31 x
お~水玉の中がこんな風に織になってるのか・・・
スマホで見た時は分からなんだよ
なかなかおもしろい生地やね

水玉模様って好きやわ~
これは500円玉くらいの大きさかな?
んですでに作ったのらね?どんなん出来たんかな~?
楽しみ楽しみ~♪

↓風と共に去りぬ最近見たとこやけど 他の事に気を取られて(爆)
黒人のおばさんのペチコートがタフタだったかどうだか覚えてないわ
でも スカートの裾を上げて真っ赤なペチコートをバトラーに見せるシーンはよかったね

↓↓ 「樹海屋」は勝手に付けた名前なのね
本当は○○商店っていう普通のお名前
増築に増築を繰り返してくねくねしてるようなお店で
そこにたくさんの布が無造作に立て掛けたられたり積まれてたり・・・
それがまるで樹海のようやったんで「樹海屋」と呼び始めたのよね 
なので布を探す時はいつも命がけ 爆~~
Commented by daikatoti at 2015-03-04 08:56
★wateさん  そうなん、相撲の行司の衣装みたいでしょう?
どうも水玉を無意識に買ってしまうのですよ。気が付けば水玉ばっかりだったり^^。

風邪と共に去りぬ、昔の映画とは思えないくらいいいよね。
私も最初のシーンで白と緑のふわーっとした超ゴージャスなスカートにクラっときたわ。

赤いペチコートがタフタだとは小説にしか出てこなかった気がする.何故だか印象に残るシーンなんだよね。

アハ、樹海はあの型紙の樹海の海と同じだったんだ、失礼^^。
名前
URL
削除用パスワード