人気ブログランキング | 話題のタグを見る

蝶の切り紙

4月13日  月  雨   旧暦 2月25日
蝶の切り紙_d0101846_07430545.jpg
また雨だよ。
寒暖の差、激しくて弱っている。気温に体を合わせるだけで疲れてしまう。

ちょうちょも4枚くらい切ったかな。
影がきれい。

何日ぶりかで、この世の謎、ジクソーパズル系のわけのわからんことつぶやきますが、
いろいろ調べていくと「杭」というのに出くわす。
「杭」
杭でへぇ〜っと思った最初は、これはテレビの番組で見たのだが、東京駅を作り直すとき解ったそうだが、あの辺りに、大量の杭が埋められていたっていう。
杭と言っても1メーターほどのものじゃないよ。
記憶あやしいけど、多分電柱くらいの長さ太さはあるもの。

ベネチアにも大量の杭が埋め込まれていて、それで道路を造ったり出来ないのだそうだ。
大阪の街もその昔、四天王寺の辺りまでは海だったそうで、灌漑工事をしたそうだ。

杭がどう工事と関係して行くのか分らないが、どうも地面を補強するものであるようなふうだが。。
ある種族はそういう工事のやり方に長けていたのだそうだ。
べちゃべちゃした所を住みやすいように変えて行く技術ね。
オランダもその人たちが手がけたらしい。
シルクロードにオアシスを作るのもすごい水道技術が用いられているらしい。
この人達は穴を掘る技術にも長けていたのだと思う。

穴と言うと、何年か前にノーベル賞を取った、スーパートリノだっけ?何だか宇宙から飛んでくるそれを集める為とかで、岐阜の山の中にでっかい穴を掘ってカミオカンデという施設が作られていて、その穴のでかさにびっくらこいたのだった。
あんな穴を掘る技術があるんだねと、そしてその壁一面になにやら電球のようなガラスのものがぎっちりはめ込んである、
と、いうことで今でもあの技術のすごさに驚くのである。
一度現物を見学に行きたいものだ。
ああいうのが出来る技術があるのなら、私らの知らない所に地下都市があるといわれても、ある程度納得がいくのである。



名前
URL
削除用パスワード
by daikatoti | 2015-04-13 08:12 | コラージュ・切り絵 | Comments(0)

毎日綴る絵日記帳    まるかバツか答えがふたつしかないって オカシイ


by toti
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30