人気ブログランキング |

忍びの国

5月25日  月  曇り   旧暦 4月8日
d0101846_06405992.jpg
ちょこっと百年くらい前までは、行商人だとか芸能の人が各地の情報を集める重要な役割をしていたらしい。諜報活動ですね。
その諜報活動というのがどんなものかというと
※ 情報収集
※ 風説の流布・宣伝 ならびに
※ 各種の工作
ということらしいですが、今は行商人の変わりに、なんでしょうね?
テレビですよね。ネットですよね。
風説の流布、宣伝、各種工作,今でも盛んにやってます。

こういう歴史って、パターンがあって、どうも同じことが繰り返しおこなわれているみたい。
死んだと見せかけてじつは生きていた、というのもよくあった手口ですが、今、これあるでしょうかね。
幕末にあった「お札降り」とか「ええでないか踊り」なんて忍びのものがどうも仕掛けたらしいです。
こういう大衆操作ってのが大昔からすごく研究されていて今に至ってるんだと思う。
すっごいマニュアルがあるはず。
でもだいたい見てると同じことが繰り返されてるから、もう最近はバレるところではバレてるけど。
もうじき第二のお札降りとかええでないか踊り、出現しますかね。

欧州の宮家のことは、もっと詳しく知りたいよ〜、という希望だが,まだほんの一部しか読んでいないので、あとで出てくるかな。
14世紀の欧州ってモンゴル系なんかもたくさん入ってただろうし、髪の黒い目の黒い人が混じっててもそんなに目立たなかったのかな。
そして白人と混血して,何代も経つと,見た目ではわからなくなるのだろうな。
おばあちゃんが白人系って人など、あんまりもうわからなくなってるものね。

そういう意味で日本人の顔を見ると非常におもしろいのだ。
完全に彌生系な人も居るけど、濃い顔の人も居る。
テルマロマエみたいに平べったい顔族と、?あとなんだったっけ、平べったくはない顔の人が確かに混じり合ってるよね,この国。


by daikatoti | 2015-05-25 07:17 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by sola-1-sola at 2015-05-25 10:59
縄文人ですね。
アースバイダー(中沢新一/著)がそんな話を書いているときいて
取り寄せて面倒臭くなって、読まないで終りました。モンゴルだけでなくインディアンとか、北欧とか、沖縄、アイヌ、確か韓国もじゃないかと思います。
沖縄、アイヌ、韓国は工芸的センスとか色遣いが似てますよね。
その本を読んだ人の話だと、しばらくは縄文人の支配になるんだとか、、、
誰が支配でもいいわ、安全と安心と平和だったら〜
Commented by daikatoti at 2015-05-25 15:37
★solaさん 弥生人と並べて考えると縄文人ですが、今日の主旨はそれだけではなく、

ここ2〜3千年くらいの間に、中近東一帯の地域からこの国に人が入り込んでいるな、ってことで、入るだけじゃなく、案外知らないだけで、こちらからも出ていっているのではないかな、そして混血してるのではないかという話なんです。
縄文系と弥生系に分かれるだけならわかりやすいですが、この国の歴史ってもっと複雑なのではないかな。
そういう歴史がわからないと今が読み解けません。
名前
URL
削除用パスワード