人気ブログランキング |

朝から裁断

11月29日  日  晴れ    旧暦 10月18日
d0101846_07321347.jpg
三時に起きちゃってるもんで、朝から洋裁してます。
部屋が暗くてわかりにくいですが、棚に制作中のジャンパースカートが掛かっています。
色はシックに茶系です。
ごつっとしたウールです。
また、布だいこんに行ってきたんです。
昨日ちらっと出てたペーズリー柄とこのウール。それとあと一点。裏地も買いました。
さっきから裏を付けていたんですが、素人のはちゃめちゃ洋裁なもので頭がこんがらがっております。
表と裏と中表に合わせて襟ぐりと袖ぐり縫って、ひっくり返せるものなのかなと、疑心暗鬼にやってみましたが、やっぱり無理のようですね(汗!
こういうところで、頭が悪いなぁといつも痛感するのでありますよ。
よくわかんないけど、これの解決策は、襟ぐりだけ縫って、袖ぐりは手縫いだな。

d0101846_07411594.jpg
今朝のいでたち。
羊さんふう。膝から下は完全防備。靴下二枚にレッグウォマー。
実体の二倍くらいにかさ高なファッション。
冷えは大敵ですぞ。




by daikatoti | 2015-11-29 07:45 | 簡単洋裁 | Comments(6)
Commented by bibourokutosite at 2015-11-29 12:14
あっ、totiさんも缶詰の重石だ。仲間!!
裏つきのショートコートを作っているときに検索したら”どんでん返し"という方法がたくさんヒットしましたがよく分からず
昔ながら?の袖裏をまつりつける方法でやりました。
どうやら既製服のやりかたみたいです。
(自信はないけど)
どんなのが出来上がるのでしょう。ワクワク。
totiさんの服はアートだなあと常々思っておるのです^^
Commented by やまねこ at 2015-11-29 12:30 x
ジャンパースカートの裏のつけ方、参考までに私の縫い方を紹介しますね。

表地、裏地ともそれぞれ脇、裾を縫います。
袋状に出来上がったものを中表にして襟ぐり、袖ぐりを縫います。
襟ぐり袖ぐりを縫う時は肩の縫いしろより1cmくらい手前で縫い止めます。
こうやって肩の縫いしろ分は残しておきます。
肩の部分を引っ張り出すようにして表に返します。
これで肩だけ残った状態で裏地が付きました。
まずは表地の肩を縫いますが
裏地が邪魔になるので折り返してマチ針で身ごろに止めておきます。
表地の肩が縫えたら裏地の肩ををかぶせるようにして、
縫いしろは内側に折り込んで、手でまつり縫いして出来上がりです。
1cm分の襟ぐり袖の始末も合わせて同じようにします。
見返しを付ける場合は、先に裏地と縫って一枚の布にして
同じように縫います。

縫い方を文章にするのって難しいですね。
解り難くてごめんなさい、参考になればと思って。
でも、もう縫い終わっていますよね^^;
Commented by uchi-mame at 2015-11-29 19:53
あっ、totiさんも缶詰を重石にしてるんですね(笑)。
2枚目のお写真を見て、「ヒツジさんみたいだな」って思ったら、
totiさんも同じことを・・・プププ♪
Commented by daikatoti at 2015-11-30 07:24
★bibouさん  あはは、お察しだと思いますが、真似してみました^^。
そうだよね、缶詰でちょうどいいんだなって。
検索してからやったらよかったな。
でも多分私もわからないと思う。こういうの実際にやってみないとどうも意味がわかんなくって。
去年作ったハーフコート、裏付けたんですが、まったく自己流。でもなんとかなってるとこが我ながらすごいよね^^。
そうそう、袖裏はまつり付けました。着ている間にほどけてきたけど^^;;

s、そんなたいしたものでは‥
今度のは何十年か前のDCブランドものっぽい雰囲気よ^^。
Commented by daikatoti at 2015-11-30 07:28
★やまねこさん  あぁ!肩をあけておくんですね。
そうか〜、肩から引っぱり出して表替えす、ってことですね。
時既に遅しですが、今度はそのやり方で挑戦してみます。
難しい事を文章で書いていただいてありがとうございます。
この形はシンプルだけどとてもスッキリした形なので何枚も作ろうと思ってます。
今度は是非そのやり方ですっきり仕上げたいです。
Commented by daikatoti at 2015-11-30 07:31
★uchi-mameさん  洋裁用の重しを買うべきかと思っていたらbibouさんちで缶詰を見たので、ああこれでいいやと。ちょうど台所にいつもあるし。

今日も羊です^^。ただアクリルなので手がガサガサするんです。あたたかいけどね。
名前
URL
削除用パスワード