人気ブログランキング |

ちょうどいいジャージの布を見つけたい

12月14日  月  曇り    旧暦 11月4日
d0101846_08150796.jpg
引き続き、この時期らしからぬ、生暖かな朝です。

市販のパジャマが着てると、どうも暑いので生地表示を見てみると、やはりポリエステルが混紡されている。
だもので、自分の作った夏服をパジャマに転用したら、やっぱりその方が寝心地がいいのである。

自分で服を作れる利点は、好きな生地が選べるという事である。
色だって好きなのが選べる。
既製服はどうも色目がワンパターンである。

服作りもただ闇雲にやっていてもナニなので、計画を立てて生地の買い出しに行こうと思っている。
狙いはジャージ。
右の英文字模様の上着、これがとても生地がよくって、着ていて気持がいい。
3年経っても生地がしっかりしていて頼もしい。
真冬はもちろん、5月6月の肌寒い時でも気持よく着れる。
ただ、初期の頃作ったので、襟ぐりがどうも合っていない。
それで、こういういい生地を探してもう一着作りたいのだ。

左の幾何学模様のはハギレで、これもすごくいい生地だ。
色はもう少し明るい方がいい。

一昨日、木蓮の葉が一挙に落ちた。
今、空が明るくなってきたが、見たこともない雲が空を覆っている。





by daikatoti | 2015-12-14 08:31 | 簡単洋裁 | Comments(4)
Commented at 2015-12-14 08:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamui at 2015-12-15 07:24
お早うございます 私は着なくなったシルクの襦袢で寝間着を作っています ポリエステルはいかんね 
Commented by daikatoti at 2015-12-15 08:30
★鍵コメさん  ねこさんですか、お後がよろしいようで‥
立ち姿が出来る猫希望。
Commented by daikatoti at 2015-12-15 08:31
★aamuiさん  ぴんぽん! シルクは最高でしょうね。
そのアイデアいいわぁ、いらなくなった襦袢改造。
シルクって暖かいし涼しくもあるのよね。
名前
URL
削除用パスワード