人気ブログランキング |

素朴な食材で夏を乗り切るゾ

7月21日  木  曇り         旧暦 6月18日
d0101846_05250931.jpg
朝晩だけでも涼しい、ありがたや、ありがたや。
思えば昔ひどい夏があった。真夜中になっても連日室温30度下がらず、夜中に蝉の大合唱。
今年はどうだ、窓を締め切っているのに何処からともなく冷やっこい風が通って行く。
遠い昔夏休みに行った八瀬大原の親戚の家の朝みたいに涼しい。

夏は何を食べて乗り切るか知恵がいる。
なるたけクーラーをつけないで汗をかいて、その都度シャワー、というふうに行きたい。汗をかくと塩分が出て行くので、夏は少々塩辛いものも食べないとかえって体を壊してしまう。
食卓に昆布の佃煮やら、糠漬け、ジャコと獅子唐の甘辛煮、なんてのがあるといい。

湿疹かぶれも出やすいので、脂っこいものと、甘いもの、クリーム系のものなど避けて、この写真にあるような、素朴な食材で乗り切ろう。

この写真に写ってる黒いのは煮干しなのだが、頭とワタが落としてあり、なんだか鰹節のような、いぶされたような感じ、そのまま食べて良し、お出しに良しで、気に入ったからまた買ってこよう。九州産って書いてあった。カクサという製造元。
鰹節のように固いので歯を折らないように注意がいるけれども。。
酢醤油に漬け込むと多少柔らかくなる。

この前、飴をガリガリ噛み砕いたら、歯が一カ所欠け落ちて、ほんの少しなんだけど、違和感全開で不自由なのよ。



※  ※
カリモリ漬けのメモ

第二段めに塩漬けしたのも水が上がったので、3時間干してのち、去年の粕の中に漬けて、塩出し兼、粕に慣らす、という工程に入った。
一週間ぐらいして、本漬けでいいのかなぁ。
速く、あの酒粕の芳醇な香りに浸りたいよ〜。








by daikatoti | 2016-07-21 05:58 | 食べもん | Comments(2)
Commented by genova1991 at 2016-07-21 19:33
こんばんは、
週の始めにちょっと京都へ片付けに行ってきたのですが、
クマゼミのシャーシャーが朝から煩くてうんざりしました。
窓を開けると、何も聞こえなくなるので、閉めました( *´艸`)

こちらに戻ると、蝉どころかまだ梅雨も明けずじとじとじとじとじとじと
していますorz
今年の夏はどうなるのでしょうね?
身体にいい物を適宜に召し上がって、乗り切って下さいませ。
Commented by daikatoti at 2016-07-21 19:45
★genovaさん
今年、関東の方はちょっとこちらと気候が違うようですね。
まだ、じめじめなんですね。いやですね。
京都はクマゼミ多いのでしょうか、あれはちょっと堪らん煩さですよね。
こちらはアブラ蝉が多いのですが、クマゼミよりマシかな。
たまに一匹鳴いててもうるさい^ ^;
そうそう、今年、蝉を食べに来てるカラスがいるんですよ。
根気よく木の下で待ち構えています。
そのせいか、心無し蝉が少ない気がします。
名前
URL
削除用パスワード