地味な手仕事 キルト地の裏地でアンダーベストを作る

2月25日 土曜 晴れ 旧暦 1月29日
d0101846_07023911.jpg

いい天気です。
窓辺に吊るしたクリスタルに光が反射して壁が虹色に賑やかです。

よかった、やっと仕上げることが出来た。
コートの裏にキルト芯の入った裏地が付いていて、この裏地の質ものすごくいいので、本体のコートは捨ててしまったのだが、裏地だけ外して取っておいた。
いつか、コート下に重ねて着るアンダーベストにしようと。

実現してよかった。
実際、こういうふうに、いつか何かに、というのは結局積み上げて置くだけ、という事が多い。

裏っ側は普通の裏地を張ってある。
裏地の付け方はまだよく把握していない。同じサイズに切って合わせてあるだけである。
裏と表と縫い合わせて何処から表替えすと要領よくいくのか、肩を開けるんだっけ?
こういうことにとても頭が悪いのでシュミレーション出来ない。
ということで、脇と裾はチクチク手縫いしてある。
タグはアクセントに付けたままにしておこう。

by daikatoti | 2017-02-25 07:05 | 簡単洋裁 | Comments(4)
Commented by africaj at 2017-02-25 08:23
おはようございます。
なるほど、コート下のアンダーベストって考え方がオシャレですね。
キルトの光沢が上質さ感じます。
いつかなんて来ないのよ。
泣く泣くものを捨てる時の唱え文句。
きちんと作り直せる人を尊敬です。
キルトも喜んでますねー
Commented by buribushi at 2017-02-25 09:52
手の利く人はいいなあ。いつも羨ましく眺めます。
80歳の同級会の誘い、二つあり。
下呂温泉のほうは放っておくとして、地元のは出たい。
あんなような、こんなようなものが着たい。自分で作れたらなあ!
Commented by daikatoti at 2017-02-26 07:16
★africajさん
春になって伊達の薄着をする時などにいいかもですよ。暖かいの。

いつか作る、これはほんとに難問です。
いつか、いつか、と思っているうちに何年も。
結局ゴミに出して、出した後で、不思議と出番が来たりして、あれ、アレどこいったかな、捨てちゃったよ、あ~ん、
と言うようなことがいっぱい。

Commented by daikatoti at 2017-02-26 07:18
★すばるさん
同窓会があるとあれこれ考えますね。
楽しい時間でもあります。
去年そうでした。いろいろ作りましたが、どれも帯に短し襷に長しで、腕の未熟さを思い知りましたが、なんとか手作りもので行きましたっけ^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード