週末はDIY ウッドデッキに取り掛かる

3月11日 日曜 晴れ 旧暦 1月24日


d0101846_06241174.jpeg
d0101846_06382686.jpeg

































タイトル見ると如何にも自分で作ってるみたく感じ取れますだろうが、違います。私は傍観者、出資者で、施工はムスコさんです。
やっと春めいてきたので、せっついて昨日、材木の塗料塗りを。
これは私も手伝いました。

もう、物干しとは言わせない、これはれっきとしたウッドデッキだ。うれしいな。
ここ、ブログ用の撮影に何かと使えそうじゃないですかい。やった。

今朝は寒くて屋根に霜が降りてますね。
天気はすこぶる良い天気。
今に桜だって咲きそうな気配。


DIYで疲れたので夕飯はまごっちたちと中華に行く。パパママは別行動。
孫1くんは花粉症で機嫌が悪い。
孫2くんの方は、おもしろいことをまた言った。

このヒト、体力賞ゴールドを取ってきた子だが、勉学の方は優れんらしいのだが、小さい時から時々、えーっ!!と驚く賢いことを言う。

昨日は、こう言った。

「今住んでる世界は、自分はもう死んでいて、夢かもしれない」

と、いうのである。

「え〜! それって、ワンピースかなんかでそう言うセリフがあったんちゃうのん?
と問うと、
「ちがうよ、自分で考えた」
と言う。

すごいよ、それ、最先端の思想じゃないか、ぷ。おまい、よその星から来たな。

babaは、忘れないように手帳に書きつけたよ。



by daikatoti | 2018-03-11 07:00 | 日々のこと | Comments(10)
Commented by Olive07h at 2018-03-11 08:15
お孫ちゃま 思想感が す・凄いですネ~

おばぁちゃまにナラ わかって貰える そんな気がしたのかナ(^^)
Commented by pallet-sorairo at 2018-03-11 09:12
おお、素敵なウッドデッキ!
安いコンクリートの箱に入っている者にとっては
手の届かない憧れであります。
ウチの3歳児の孫っこは「アイスのおなら」とか言って
空気のいっぱい入った袋を「ぱんっ!」と割って見せてくれました。
あらら(^^ゞ
Commented by umasako60 at 2018-03-11 09:33
ウッドデッキの完成おめでとうございます!
ここからのブログ、また楽しみです^^♪

お孫2くんの投球をしっかりキャッチするtotiさん、いい関係ですね☆
Commented by daikatoti at 2018-03-11 16:44
★oliveさん
たしかに、聞く側の感性もあるかと^^
聞く側がこういう思想に無縁だと、何言ってんだろ、この子、ってことになりそうです。
Commented by daikatoti at 2018-03-11 16:49
★pallet-sorairoさん
木ってやっぱり温かみがありますね。
どれだけ保たせられるかが勝負でメンテナンスが大変ですが、木の床ができて嬉しいです。

アイスのおなら^^ 可愛いじゃないですか、その感性もすごいです!
子供ってほんとにすごいよね。
子供って大きくなる過程で色々面白いこと言いますから語録を作っておくといいかもですね。
Commented by daikatoti at 2018-03-11 16:51
★umasakoさん
まだ完成じゃないんですよ。
塗料を塗っただけで、並べて置いてあるだけなのです。
あと、止め付けて、フェンスも組み立てなきゃなのです。

受け止める変わり者のおばあちゃんが居てよかったかしら^^
Commented by m_nonohana at 2018-03-11 17:05
塗る作業・・・結構しんどいよな。
枚数が。な。

ウッドデッキ着手。
息子さん最高。
うれしいね、totiさん。
孫二くんも最高じゃわp(^^)q
Commented by daikatoti at 2018-03-11 17:28
★nonohanaさん
塗るのは好きな作業だけど、この塗料ちと匂いがね。。
亭主と違って何でもできるムスコで頼もしい。
大工仕事も幼少の頃に教えた甲斐があったよ。うん。違うと言うだろうけどね(笑
Commented by buribushi at 2018-03-11 22:20
ウッドデッキ、すでにお花がかっこいい^^
家のウッドデッキも初代の床は古くなっておばーが漏りそうだったので、去年息子に張り替えて貰いました。
お孫ちゃんの言葉、深くて驚く。家の息子やはり学齢前のとき、「人は何で死ぬの?」というので、「生まれたから」と答えたら、「やだなあ」「花も紙の花は変わらんけど、生きた花は散るよ」と言ったらば、「だって花は来年また咲く」って。だから「人も子どもがまた生きるよ」「あー。そうか。」と納得。
後年この話をしたら、「オレはむかし賢かったんだなあ」ですって。たしかに。
家の息子は本物の大工です。
Commented by daikatoti at 2018-03-12 07:49
★すばるさん
そうでしたね、ほんまもんの大工さんで頼もしい^^
こういう木ってどの位保つのかが問題で思案しました。
ブラスチック系なら腐ることもないけど、朽ちてもいいからこれにしました。
はて、どうなりますか。

子供さんの問いに対する答えがまた凄いじゃあーりませんか。
オレは昔賢かった、子供の頃の方がみんな賢いのかもしれませんね。
けっこう真理を突いたこと言うんですよね。手垢がついてないんですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード