5月のカレンダー

5月1日 火曜 晴れ 旧暦 3月16日
d0101846_20061173.jpeg
空気清涼。
北の方は桜が見頃らしい。今ぐらいの季節に桜が咲く方が清々しいなとオモウ。

昨日はモッコウバラ剪定と金魚池の掃除をしてもらってサッパリする。

その後、いつもより多いメンバーでそう遠くない里山にドライヴ。

d0101846_20374128.jpeg
小さな小川。
d0101846_20380087.jpeg
これは、クレソン、、だろうか。

ここは、蛍が出るという場所。

d0101846_06252974.jpeg
これが蛍の餌になるというカワニナだって。巻貝ね。






もっと土に近しくならないといかんと思った。
最近土から離れている。
もっと土っぽいヒトになりたい。

ナンジャモンジャの花が咲いていた。
植物スケッチをしている人がいたので、自分もやりたくなった。

帰りにみんなで蕎麦を食べた。



by daikatoti | 2018-05-01 06:30 | Pse&Ai | Comments(6)
Commented by buribushi at 2018-05-01 06:57
子どものころ魚沼で、カワニナを「ベンノージ」と言っていました。
田螺は「ツブ」ね。今の子たちは名前も実体も知らないかも。
ほんの笊が差し込めるくらいの溝にもきれいな水が流れて、透き通った小エビもいたし。思えばいい環境でしたね。えびは「エービ」です。
Commented by daikatoti at 2018-05-01 08:40
★すばるさん
カワニナなんて初めて見ましたよ。
タニシはお馴染みでしたが、最近外来種に駆逐されて、普通のいなくなりました。
ああ、エビ、いいなぁ、いましたね。水が綺麗だったんですね。
Commented by pikorin77jp at 2018-05-01 10:27
このカレンダーを見て 5月だということに気付きました。
早速いただいて帰ります。ありがとうございます。
Commented by daikatoti at 2018-05-02 06:48
★pikorinさん
ほんとに、もう5月なんですねー。
Commented by nayacafe-2950 at 2018-05-02 08:33
鼻唄の女王としては、やっぱり「春の小川」を
口づさみ・・・・(笑)

田舎でも自然の小川は少なくなりました。
田んぼの用水もみんなコンクリートで型どってありますね。

子どもの頃は夕方、悪ガキそろってホーキ片手に
ホタル狩りしたものです・・・なんぼでも獲れた~~
螢雪時代は夢のまたゆめ・・・
Commented by daikatoti at 2018-05-03 06:56
★nayacafeさん
鼻歌の女王、わかる、つい何かにつけて関連した歌が出る^^

小川どころか、この頃海岸線までコンクリートで固められてますよ。
生き物にとってはふざけるな ってとこでしょうね。。
名前
URL
削除用パスワード