小花の刺繍ブックカバー

5月15日 火曜 晴れ 旧暦 4月1日
d0101846_05395791.jpeg
コンビニで買ったコーヒーがいけません。
今朝は夜明け前に起きて、ちょうど窓の外に朝日が出始めていたので電気もつけずしばらく見守ったが、ぼんやりした夜明けだった。
うちから真っ直ぐ東に行くと富士山。ど真ん中ではないようだけど。
もっと東に行くと千葉の海に出るのかな。西は意外なことに出雲。

そーそ、思い出した。

肩こり予防に鷲のポーズという体操をやっているのだ。
前屈の姿勢で腕を後ろで鷲の翼のように大きくバタバタさせる。
私は常に日本列島を頭にはめ込んで、今日本列島はこういう具合にある、ということを確認しながら生きてる変な人だが、
この鷲のポーズをしながら南を向いて、右手を九州の方向に、左手を北海道の方向に向けてバタついている。

ふと、グーグルアースで日本列島を定番の位置(教科書に載ってるような)で見なくて、ハワイの方向を下にしてユーラシア大陸を上にして見てみると、
なんと、鷲が羽を広げて飛んでいる姿に見える。

そして、自分のいる位置がちょうど頭くらいに当たる。

むむ、羽根ラインというのが能登半島から知多半島に掛けてあるそうな。
このライン上に羽のつく地名がやたら多いのだそうだ。

どきっとしたことに、今自分がいる場所の地名も、昔の地名では羽が付くのだ。

d0101846_06035897.jpeg
↑こんな感じね。
あはは、つまんないよね、こんな話。

何が言いたいかというと、これから先の地殻変動ね。
ほら、ハワイなんか今溶岩だらだらじゃない。
いよいよ動き始めたのかなって。
日本列島も昔は西と東に別れてたのがぐっちゃっとくっ付いた、という説もあって、
だもんで、どん兵衛の味付けがこの真ん中辺りで切り替わるとか、いろいろあるじゃない。ネギもこの辺りから東は白に変わっていくし。

で、そろそろまたこの辺りでぷっつり別れて行くんじゃないのかなって(半分は沈むかもしれないけども)
あはは、物語、物語。

薔薇の絡まる古家ジャングル画像でも出そうかと思ったがやめておこう。
だもんで画像がないのでまた作ったものの見せびらかし。



by daikatoti | 2018-05-15 06:17 | 図案屋 | Comments(6)
Commented by memmon at 2018-05-15 08:50
地図帳開いて、濃尾平野かなぁ〜なんて見てます。
Commented by fusk-en25 at 2018-05-15 09:45
私は牡羊座の生まれなもんで。。
天翔るイメージが好きです。
金色の胴体をふりたてて。
勇みすぎて助けに行った王女をドジにも振り落としてしまう。
そんなドジさも含めて。。やっぱり飛ぶっていいですねえ。
Commented by daikatoti at 2018-05-15 16:52
★memmonさん
そうですよ、夏には伊勢湾から熱風が吹き込んで、それはそれは暑いのであります。
Commented by daikatoti at 2018-05-15 16:58
★fusk-enさん
このコメントで、国語の教科書だったか、、に載ってた話を思い出しました。

ちょい頭のゆるい少年がいて、僕は空を飛ぶんだって練習をするんです。
ある時、とうとう石垣の上から飛んで亡くなってしまった、
という内容の話。
誰か知ってる人いるかなぁ。なんで覚えてるんだろ。

鳥が空を飛ぶってすごいことですね。

今朝散歩に行った時、曲がり角に鴨がいましたよ。
私の姿を見て飛んで田んぼの中に入りました。
Commented by buribushi at 2018-05-15 17:52
小さい花の刺繍、可愛いなー。
フォッサマグナはくっついた痕でしょうか?
ブラタモリという番組を時々見るけど、あの人地学詳しいですね。
地学、とか考古学、とか、やりたかったです。こんど来たらね(この世へ)。
私、あの方角が沖縄、と決めて、毎日空を見ています。
Commented by daikatoti at 2018-05-16 06:15
★すばるさん
ブラタモリのものの見方っておもしろいですね。
地学なんて全然意識しないで生きてきたけど、おもしろいのだろうな。
今度また来ましょうね。
なにやかやあるけど、けっこうこの星も楽しいものね。
名前
URL
削除用パスワード