ときどき飽きる

5月25日 金曜 晴れ 旧暦 4月11日
d0101846_15391362.jpeg
あれ?シンクロしちゃったぽい。真似じゃありません。
ちなみに今フキを炊いてます。これは真似です。

しかしなんだか、時々生きることに飽きますね。

この前破竹の皮剥きを手でバリバリやってたら、親指の爪にヒビが入りまして、そんなちょっとした事で日常が超不便。
服作りもそれ治るまで休憩だな。

夜は夕飯後ウッドデッキライフを楽しんでいます。
月と星、そして変なコースで飛行機が飛ぶのです。
寝袋に入って寝転がりながら観てます。シアワセですね。
飽きたなんて言っちゃバチが当たります。



d0101846_07244340.jpeg
先程外に出たら、柏葉アジサイに揚羽が止まっていました。
羽がまだ開ききっていない、今朝蛹から出たばかりみたい。
こうしてゆっくり羽を乾かしていくのですが、ずいぶんと目立つ所で大丈夫なのか。

そもそも、食草であるみかんの木から此処は遠い。
蛹になるためにここまで這いずってきたのだろう。
蛹というのは中々見つからないと思ったらこんなとんでもないとこまで来てるんだね。

d0101846_07283556.jpeg
さぁ、この苺は誰の口に入るのか。

d0101846_19462013.jpeg
あまりイケてませんが、雛罌粟と、梅桃、額紫陽花、を合わせてみました。


何やかや、まだ楽しいこともあるかしらね。飽きずに生きていこう。



by daikatoti | 2018-05-25 07:32 | 日々のこと | Comments(8)
Commented by nayacafe-2950 at 2018-05-25 08:07
ワタクシも、ときどき飽きます。
なんやかや・・・面倒~って。
長く生きているのですもの。

♪だけどぉ~こころは~す~ぐ変わる~♫

また、愉しく生きていきますよ。
   (鼻唄の女王)ふふふ
Commented by daikatoti at 2018-05-25 08:28
★nayacafeさん
飽きますよね。
たまにはゴムもゆるめないと、ということでこういう日もあっていいのかと。
はい、心は割とすぐ変わるもんですので、安心して飽きたいとおもいまーす。
Commented by memmon at 2018-05-25 09:58
おはようございます。

♪ 時には〜ははのないこのように〜 ♫ ↑の方の
懐かしい歌、最後まで歌ってみました。
好きなうたでしたよ。退廃的でね。

三姉妹の末っ子でしたから、生まれた時から全てに飽きてました。
何もかも上の姉たち2人で経験済みの子供でしたからスタートの位置が張り切っていない。

ずっと今も生きてるのか死んでるのか、この世なのかあの世にいるのか、わからないまま毎日過ごしてますよ。

本当にもうみんなが言うこの世には居なくて、みんなが言う天国とやらにいるのかも。
どっちでもいいやと思ってます。

そんな時は気分転換の歯医者に行くっていいかも。
大嫌いな歯医者に行ってみようかなぁ。

歯医者が怖いから日に何度も歯磨きしてる臆病者ですが、たまには行かなくちゃね。
診察台の上で思う事は、私はもう死んでいる!
どんだけ臆病なんだろうね。

では、おきばりやす。
Commented by daikatoti at 2018-05-25 17:06
★memmonさん
♪だけど心はすぐ変わる の後が ははのない子になったなら誰にも愛を話せない♪
でしたよね。そこんとこがチト気に入らないんですが、好きでしたよ、この歌。
生きてはるんですね、カルメンマキさん。

すごいなぁ、生まれた時からもう飽きてはったんですか。
この世なのかあの世なのかわからぬまま毎日過ごしてるって、うちの11歳がこの前言ってた「今住んでるこの世界は夢かもしれない」というのと似てますね。
小二で何か悟ったちゅう話も、なにか神的ですよねー
私はせいぜい、私の見てる赤い色ってB子ちゃんが見てる赤と一緒やろか、
とか、チャンバラ映画がええもんとワルモンにキッパリ別れてるの、そんな訳ないやろ、悪もんのおじちゃんも家に帰ったらいいお父ちゃんかもしれん、というような事を考えたくらいだわ。

みんなクールやなぁ。。

わたしゃ、美容院に行ってきましたよ。気分スッキリです。
歯医者は二ヶ月ごとに検診の予約取らされてますよ。
歯磨きするの嫌いなんですよ。困ったもんだ。
Commented by fusk-en25 at 2018-05-25 19:50
私、、現実派やから「もしも」ってのを子供の頃から考えないのですよ。
だから「もうすでに生きてる」から始める。。
あの世とかこの世とか、わからないことは考えない。
そんな風に玉ねぎの皮をむいてしまわないから。
飽きることもあまりない。。飽きる暇ないと言う感じかもしれない。
退屈に強いのかもしれない。
ずーっと雲見てたりして時間が経つのが苦痛でない。
一人でぼーんやりしてるのも好きですしね。

もしも地獄に行ったら。。閻魔を騙して遊ぶと前に言うと笑われました。
Commented by daikatoti at 2018-05-26 06:47
★fusk-enさん
わたしはね、飽きるという事はエネルギー源だと思ってるんですよ。
もう飽きちゃって、面白くなくって、退屈だな、という状態がしばらく続くと、また何か新しい興味がムクムク湧き上がってくるので、この退屈の倦怠感は割と大事なんだなと思ってます。

ずーっと雲見てたりとか、そうそちらのタイトルみたいに光りと影を一日中眺めてても飽きなかった時期が2〜3年続きましたよ。
光が動いて行くと同じものでも全然違ってみえるもんね。
今、またそういうものに帰りたい気持ちです。

死後の世界は興味ありますよー閻魔はいるのでしょうか^^
Commented by memmon at 2018-05-26 07:20
飽きると言うのはエネルギー源!
まさにその通りですよ、メモメモ。
Commented by daikatoti at 2018-05-27 06:50
★memmonさん
飽きたよぉ〜退屈だよぉ〜、というのが無いと次新しいことが起こりません。
退屈を鯛靴なんて言っちゃったりして。鯛で出来た靴。うむ。
名前
URL
削除用パスワード