夏の草花

6月22日 金曜 晴れ 旧暦5月9日
d0101846_06004468.jpeg
何事もなく明けた夏至明けの今朝です。
外に出るとクチナシの香りです。ネズミモチの花の匂いも少しします。

庭に咲く花を摘んできました。
ギボウシ、虎の尾、カワラナデシコ、クサギ。

雨が降って、草はえらいことになってます。
野菜畑など毎日こまめに抜いていたのに一気に草が出てきてます。
今日は草取りをしなきゃ。


d0101846_06063581.jpeg
夏至の日の日没。

これから太陽は左側に移動していく。

この時期は昼間庭の草に真上から光が当たるので余計に暑苦しい感じがする。
秋になると家の中から見ると逆光なので、光が透けたふうになる。


d0101846_06011908.jpeg
竹輪が好きな人だからと、家人が買ってきてくれた竹輪パン。
え〜、どうだろ、竹輪は好きだけど、これは。。。







観出すと集中して観てしまう悪い癖がある。
ウエストワールド見過ぎで目は当然疲れる。

面白いセリフがあると控える。

>>

大切な人はみな死んでしまった。 つらい。 とても。

望むならその感情は消してやれる。

望まないわ…
この苦しみ喪失感がー
彼らを感じさせる。
悲しみは 自分を小さくすると思う? それは違う。
自分の中で空間が広がる感じがする。
新しい部屋を探検するような。

>>


ヒトってね、
平穏無事、平和なお花畑、こういうのが続いても退屈するのかもね。
波乱万丈が好きなのかも。
何も苦しいことがなかったら、、どうなんだろ、、
とても退屈するのだろうか、

ここんとこまだよくわかんないけど、
私は毎日お茶を飲んで、日の光の移ろいを見て、何も問題がない、というのが有難いけど、ほんとうにそうなのかどうかは解らない。

何かしら問題ごとを抱えていないと退屈だと思わず言った人もいたよ。

そして問題を創り出すのだ自ら。
自分に問題が起こらなかったら人の問題にまで首を突っ込む。


自分の中に空間が広がる感じがする、、これに反応したよ。そういうことなのか。







by daikatoti | 2018-06-22 06:38 | 日々のこと | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード