人気ブログランキング |

穀雨には早いが、穀雨的雨が降っている。

4月10日 水曜 雨 旧暦3月6日
穀雨には早いが、穀雨的雨が降っている。_d0101846_06412072.jpeg
今朝は本気で雨が降っている。
桜はこれで終わるかもしれないが、乾いた埃っぽい空気も沈静しそうだ。
雨が上がれば畑にアスパラが出る、期待してる。

ブログ仲間の各地の桜を見せていただくのもこの季節ならでは。
連休の頃には北のほうの桜も見られるだろう。
それぞれの町に桜が咲く。みなそれぞれに愛おしい。
あなたの町の桜も私の町の桜も皆きれい。


穀雨には早いが、穀雨的雨が降っている。_d0101846_06413261.jpeg
義親さんのネギを買うことにしている。
一週間前はまだ瑞々しくパキッと手で折れたが、たった一週間でネギも硬くなり始め、そろそろネギのシーズンも終わる。
葱坊主になる季節だからね。


穀雨には早いが、穀雨的雨が降っている。_d0101846_06414220.jpeg

夕方のお茶タイム。

中からもよく見えるが道路からもよく見えるらしく、時々ヒトが呆れて見にやってくる。

開放的な気分でお迎えする。


穀雨には早いが、穀雨的雨が降っている。_d0101846_06421722.jpeg

夜は蛋白質補給的メニューであった。



::::::


新札の発行が告知された。
そうきたか、さすがすぎる、
という表現がピッタリくる。

千円札の裏の波模様は中々素敵だ。
どれも馴染みのないお顔ばかりでなんだかなな気分。お顔絶対入れなきゃいかんのかな。

しかし後五年後では、益々紙幣を使うということも少なくなるだろうけれども、そういうことも踏まえての新札の切り替えなのかな。






by daikatoti | 2019-04-10 07:22 | 雑貨アート | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード