人気ブログランキング |

キャンディポット

11月15日 金曜 晴れ
キャンディポット_d0101846_17544567.jpeg
喉が少々いがらっぽいので飴を舐めている。
飴は、今はこのビンにいろいろ種類を取り揃え色の具合なども考慮して蓄えてある。
好きな飴はニッキ飴。

昭和のむかし、
少女クラブといったような雑誌に、毎月懸賞と言ったかな。今月どの漫画が一番面白かったか、というようなアンケートに答えると、ご褒美のプレゼントが、当たる、かも、しれない、というもの。
カラーページに掲載されるそのプレゼントの品物は、
周りにカワイイものなど何もなかったあの頃の普通の暮らし、いやそれ以下か、の少女にとっては憧れのものばかりが並んでいて、

その中に毎月キャンディポットなるものが載る。
正確にキャンディポットと書いてあったのかどうかは記憶が定かでないが、
要するに、飴を入れるガラスや陶器で出来た容器である。


キャンディポット_d0101846_19284192.jpeg

こんな感じかな。絵が下手なことがバレてしまいそうな絵だ。

たいがいこういう脚付きだったような気がする。
ああ、このような綺麗な入れ物に飴が入っている生活!
というのに参ってしまった。

栄太郎の飴の缶や饅頭入れる蓋ものは家にあったが、このようなハイカラなものはない。
第一、キャンディなんてものも、頂き物の缶入りのキャンディでもない限り、飴屋で売ってる飴か、駄菓子屋で売ってる茶色と白のシマシマみたいな飴しかなかった。
きれいな紙に包まれた色とりどりのキャンディ自体が憧れ。

今なら栄太郎の飴の缶はよう出来てて渋い、と感じるが、
あの頃の小学生って、日本的なものをすごい勢いで排除していったよね。
内藤ルネの描くバタ臭い顔の女の子と、その持ち物に夢中だった。

西洋的なるものをなぜにあの頃ああも追い求めたのか、誰か音頭をとる人がいたのだとすれば、すごいやり手だったんだよね、と、今は思う。

私たちの年代が排除してしまった日本的なるものをもう一度取り返さねば、と、最近は思っているよ。

石原慎太郎原作の狂った果実という日活映画を割と近年に観たが、主人公の女優さんの初デートにドライブっていう場面の、目も眩むようなドレス、
(ドライブに行くのにあのドレスはないだろうとは思うが)
貧しい昭和の大衆に投じたショックは計り知れないものがあったように思う。

どうもあのドレスは森英恵の作品らしい。
ミキサーでジュースを作るといった場面も出てきたが、あれもショックなシーンだったのではないかな。
朝、ミキサーで作ったジュースを飲む生活、ってのに取り憑かれて働きに働いた人も大勢いたと思うよ。

思えば希望があっていい時代だったね。

今はきらびやかなキャンディポットくらいは買えるが、邪魔たらしいので100均で買った瓶に飴は入っているのさ。





追加

見ないで描くとどれだけひどいかの実験。
まず、時々見かけるが、興味のないワンコの絵を描いてみました。犬種は何でしょうね。
キャンディポット_d0101846_16553066.png


ひどいもんです。。
何か、これ描いてみてというのがあればコメント欄でリクエストください。



by daikatoti | 2019-11-15 07:44 | 日々のこと | Comments(14)
Commented by memmon at 2019-11-15 07:51
お絵描き、上手!
Commented by daikatoti at 2019-11-15 08:01
★memmonさん
いやん!下手よー。
そーだ、書き忘れたけど、昨日の 人はほとんど見ていない、の続きみたいだけど、
何かお題を頂いて見ないで描く、というのやってみたい。
関さんって方がやってたよね、
鶏の絵を見ないで記憶だけで描きなさい、なんてのが出ると、面白いのよ、脚が4本の鶏とか爆笑する。
鶏は飼ってたことがあるから描けそうだけど、案外犬の絵とか描けるのかなぁ。
何かお題募集。
Commented by bumidayat at 2019-11-15 08:05
そう、内藤ルネと高橋真・・・
Commented by daikatoti at 2019-11-15 08:34
★sariさん
高橋真琴でしたっけ。お目目キラキラ!
Commented by 福招き猫 at 2019-11-15 10:08 x
おや、内藤ルネですか。私の部屋ですねえ。
大事にとってあったこの雑誌(はるばる北海道から東京へ、それから奈良の地へ引っ越しにずーっと付いてきた)をやっと処分しようと決心し、古本屋さんに問い合わせたら、値が付かないといわれて大ショック!!!水森亜土とかも懐かしいなあ。
貴女は絵を描く仕事をしていたのかと思っていたのですが、ウフフフな絵も描くのですなあ。
Commented by buribushi at 2019-11-15 10:14
ねこ描いてください!白黒ハチワレ、おなかと手足の先、白い。うち、2ひきともほぼ同じ配色です。
いろんな飴が取り混ぜて入ってる、というのはあこがれでした。1937年生まれ(子だくさん家庭)ゆえ、子ども時代にものの無かったこと甚だしかった。12歳だか13歳の時少女の友という雑誌に短歌を投稿して、載って、便箋封筒のセットを貰ったときの晴れがましさと言ったら。
飴は遠足の時数粒買って貰えたような。透き通ってなどいない、すぐ溶ける白い飴(藷飴か?)です。家の柿が甘い、と、遠足の前に同級生が貰いに来ました。
Commented by buribushi at 2019-11-15 10:18
好きな飴はニッキ飴、しそ飴、薄荷飴です。匂いのするのばかりですね。
Commented by bumidayat at 2019-11-15 12:35
totiさん、そうでした、高橋真琴さん。先日どこかで展覧会があり大盛況だったとか。

横ですみません、 福招き猫 さん
私の部屋、持ってます。ヤフオクで以前は高額で落札されていましたが、
久々に見たら、300円ほどでした。
ついでに、同時期に出版されていた、サン・イデーという本は、なんと9,800円で出てました。
落札相場なんでしょうかね・・・
Commented by daikatoti at 2019-11-15 17:02
★福招き猫さん
お、お若い。私の部屋というより、内藤ルネさんが一番輝いてたのは昭和30年代です。
わたしんちにもあるのです、私の部屋。
もうそろそろ処分しようかなと思っているところです。そうですか、それほど値打ちはないということなんでしょうか。

ほんとに、絵はひどいもんで、お化けのようなのはムーミンを描いてみたんですが、、違いましたねぇ^^
Commented by daikatoti at 2019-11-15 17:08
★すばるさん
あ、ハチワレ猫ご希望でしたか、今度カレンダーに描かせてくださいな。
10歳の時に戦後2年ってとこですね、さぞかし何もないことだったでしょう。
短歌、その頃からなんですね。ありましたねそういう投稿欄。
私もキラキラ少女を描いて載せて貰ったことがあります。いい思い出です。
いまと違ってドキドキな出来事でした。
雑誌も今みたいにたくさんはなく、それはそれは隅から隅まで何度も読み、次の号が発売される日の何と楽しみだったことか。
Commented by daikatoti at 2019-11-15 17:11
★すばるさん
好みが似てますね。最近ニッキ飴が気に入ってます。ハッカ飴も入ってますよ。
ドロップはあまり好きではありませんでした。
あの直ぐ溶ける薄荷味の棒のような飴も好きです。
ニッキ飴は舌下錠みたいで、ピリピリしてなんだか心臓系に効くみたいな感じ。
Commented by daikatoti at 2019-11-15 17:16
★sariさん
えー、展覧会があったのですか。それは人気だったでしょうね。
内藤ルネも10年ほど前に展覧会があり、行きました。
原画を見られて感激でしたが、本に印刷されている方がどちらかと云えばいいなと思いまして、ちょっと複雑な思いをしました。
sariさんももってらっしゃるのですか。あの本しっかりした作りなので残っているのでしょうね。うちにもありますよ。もういいかなと思ってます。
サンイデー、それは知らないなぁ。
Commented by hanawho at 2019-11-15 20:39
キャンディポットの絵は、故安西水丸画伯の雰囲気ですね。当時的には「へたうま」でしたか。笑
小学生時代は★白鳥の湖のバレリーナ★バイオリンを弾く少女★江戸時代のお姫様
が私の3大テーマでした。←「これをリクエストします」と言うと、自分で描きなさいよ!といわれそうなので却下。笑
服装 → 私の部屋 → ビズ って流れだったと思います。
*糸巻パレットガーデン*さんって、絶妙なネーミングですね! ^^)v
カレンダー。楽しみにしています♪ いつもありがとうございます。
Commented by daikatoti at 2019-11-16 07:56
★hanawhoさん
あ、あまり知らない方でしたが、頼りなげな輪郭線のとこだけは似てるかも^^

ありましたねぇ、そういう憧れ。
白鳥の湖は王道ですね。
バイオリンは、あまり自分の頃にはなかったみたい。水野英子の漫画がなんとも言えない異国情緒があって、あれはロシア系でしたよね、白いトロイカだとか、黒いオルフェだとか。
江戸時代のお姫様ですか 笑  よく映画館で見た割にはあまり憧れはなかったな。:
小桜京子だとか、桜町弘子だとかそういう人いませんでしたっけ。
狸御殿とかぽんぽこ姫、あんみつ姫、なんて漫画を読んでたんですが、映画になって見に行ったら、イメージと全然違ってがっかりだったな。

あ、本無かったので、子供でも服装とか見てましたよね。
私の場合はその次に平凡パンチ(大橋さんの表紙が好きで) あと、anan ですよー 私の部屋ってananより前だったっけ。
名前
URL
削除用パスワード