人気ブログランキング | 話題のタグを見る

猫と人

猫と人_d0101846_20294005.jpeg
世の中は様々騒がしいけれど、それはそれとして、自分の時間は自分の時間として淡々と過ごして行こう。

猫を抱く人間というテーマは好きだ。

猫はほんとにいい。この世に来て猫に逢えただけでそれは素晴らしい。さまざまおもしろうなくとも、猫を見てるだけでいつまでもこの世界に参加していたいものと思う。

猫と人_d0101846_06332526.jpeg
何枚か描いてみる。


猫と人_d0101846_06362658.jpeg
空は
くう。 何もないところに飛行物体が飛ぶ。
最近、ケムトレイルのこともいろいろと言われ出した。
空がチェック模様の飛行機雲になってたりすると、流石にそれは飛行機雲ではないだろうと思う。
今、花粉症の季節だが、それがもし空から撒かれる何かによって発症しているとしたら、花粉症で苦しむ人は怒り出さないといけないね。
元々複合汚染だとか言われてるよね。
うちには家の前に杉の木があって、花粉を浴びてるけど、私は杉では花粉症にはならないなぁ。

ただ疑問なのは、それをして人々を花粉症にして何の利益があるのかってこと。
まさか、医療利権なんてことはあるまいが、、
花粉症って日本が多いらしいね。
疑問その2は、なんで昼間に撒くの。夜じゃダメなのかな。夜なら目立たないのに。
どこの飛行機が撒いてるのよという疑問もあったが、某基地の、、という情報も出てたわね。

何にしても、何かが撒かれててるのだとしたら、これは大問題じゃないのかなと思うのだけど、これも一部の人しか認識がないみたいだね。 間違ってるにしてもいったいどういうことなのかはっきりしてもらいたい。

環境汚染は許せない。


猫と人_d0101846_06360917.jpeg
朝、6時前に明るくなってきた。いい季節が始まっていく。好きな一画は今こういうふう。水仙が咲くのが待たれる。




Commented by aamori at 2023-03-16 12:23
うちの猫は、、抱かれるのが嫌いでね、、
膝の上にも乗らないよ、、
上は、、歩くけど、、寝ていたりすると、、
おなかの上を歩いて向こう側に行く、、
Commented by nya5nap at 2023-03-16 17:03
どのイラストも味があって好きですが、猫がまたどの記事の絵も活き活きと可愛いです。
特にこの抱き方、猫が本当に好きな人の抱き方ですよね。
そして飼い主?が愛情一杯で見つめているのですが、どっちでも良いような方を向いた猫、
すべてが凝縮されていると思います。

花粉症で、四方を杉の山に囲まれて苦しんでいます。
花粉の量も物凄く、窓は松脂がついた様に黄緑色に、ベランダはシッカロールを撒いた様で、用心して歩かないと滑って転びそうです。
木々から煙のように花粉が上がっているのを目の当たりにしていますので、散布は無いと思います。
国土の70%が山でその内のかなりの場所に植林してみたものの、海外の低コストで済む木を消費している様なので、ここの状態から察するに、製材等は名目だけで無理な植林を放置してある山々が日本中にあるのではないでしょうか?土砂崩れの原因にもなりますし、この杉の放置は間違いなく人災ではあると思います
Commented by daikatoti at 2023-03-16 17:47
★aamori さん
うちはね、今までどの猫も抱っこ大好き猫だったけど、今いるシャム猫のような猫は抱っこが大嫌い。一番最後の猫になるならそれも却って気が楽でいいよ。
お腹の上を通り過ぎるならまだいいが、上からお腹に飛び降りてくることがあるが、あれは怖い。
Commented by daikatoti at 2023-03-16 17:56
★nya5napさん
そうだよね、この抱っこの仕方猫好きの抱っこだよね。猫の方も足を支えられてて信頼はしてるふうだよね。
猫の絵もね、描いた人が猫好きかそうでないかは、絵に現れるよね。

えーっ、松脂だとかシッカロールなんて言葉に驚きです。
そりゃそうかもね、一本か二本あるだけでも何かの拍子に黄色い煙が上がるの見えるしね。

杉は問題ですね。根があまり深く張らないということだし、それに枝打ちなんかもしなきゃいけないんでしょう? そういうことができる人がもういないのでしょう?
日本ってほんと国土の7割森林なのに、それをちっとも有効利用してないのよね。
これから先、有効利用できるような世の中になるといいね。そして里山が復活してほしいな。
名前
URL
削除用パスワード
by daikatoti | 2023-03-16 07:00 | パレット | Comments(4)

毎日綴る絵日記帳    まるかバツか答えがふたつしかないって オカシイ


by toti
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30