人気ブログランキング |

スケッチ

d0101846_7402182.jpg

才能に関してのいくつかの書きとめ

里山ガーデンで、夕闇に浮かぶ白い花 という記事を書いたとき、丸山健二を検索していて見つけた文。
★才能とは、広く世間で言われているように、普通の人よりも何か持ち合わせているということではありません。むしろその反対で、普通の人が持っている能力をひとつかふたつもっていないことなのです。それも、少しは持っているというような中途半端な形でなく、見事に欠落しているということなのです。
                           ― 丸山健二  「まだ見ぬ書き手へ」 より―  

フジコ・ヘミングさんはこう言っています。

★世間では才能を羨む人がいるけれど、才能とは要するに「独断的な個性が強く、偏った考え方をする」ということでもある。   だから往々にして才能は孤独で、社会からは受け入れられない。  ある意味で才能に恵まれるということは、不幸なことなのかもしれない。

宇野千代さんが、谷崎潤一郎について、こう言っています。(うろ覚えです)

★谷崎という人は、己の才能を、信じ抜いたひとである。
初期の稚拙な作品にもそれは見て取れる。自分の才能を神を信じるごとくに信じた人である。


画像の絵は、左が忘れな草、右は鉢からこぼれ出た雑草。色がすこぶるきれいだった。
昨日の画像の花は、利休梅といいます。
by daikatoti | 2007-05-07 08:04 | パレット | Comments(6)
Commented by akarino at 2007-05-07 11:20
才能とはいかなるもの・・・・
自分で認めるもの・・・・
世間が認めるもの・・・・
totiさんの美的感覚は素敵ですよ・・・・
Commented by ruru-v at 2007-05-07 16:13 x
こちらにもお邪魔します・・・
お花の絵だ・・・う・・・うまい・・・!!!
人形も・・・
こっちもリンクしていいですか?

才能。
才能・・・・かぁ・・・・・
Commented by daikatoti at 2007-05-08 11:29
akarinoさん 最後の谷崎のハナシがすきなんです。
信じないことには、始まりませんからね。
Commented by daikatoti at 2007-05-08 11:32
ruru-vさん  あれ、こちらは初めてのお越し?
はいよろしくお願いします。
どうも欠けているところの多い歪な人格のようです。
穴埋めをするためにちょいとがんばろうかとおもいまーす。
Commented by ruru-v at 2007-05-08 16:59
いえ、こちらから入ったはずですが、ちょうど里山の方を
誘導してる日記だったので、そのままあちらに・・・・(汗)

こちらも伺いますね。(ってもうお邪魔してますけどー)
Commented by daikatoti at 2007-05-08 17:55
ruru-vさん そうでしたか なんだかもう、物覚えのほうが
ふらふらです。 タイルの確認にばたばたしてます。
名前
URL
削除用パスワード