人気ブログランキング |

大切なバッチ

d0101846_1113224.jpg

最近京都の寺町通りは、いろいろと面白い店など出来て観光化されつつあるが、
昔からこの通りが好きだった。古本屋の店先をひやかしたり、骨董屋のガラス窓を覗いたりして、さしてお金など持たずとも楽しめた。20歳前後の女子にしては渋い通りだった。
梶井基次郎の檸檬という小説があるが、ちょうどこの場所が舞台となっている。 
あの小説を読んだとき、そのころの自分とよく似ていて驚いた。

このバッチは、その梶井基次郎の小説の舞台となった果物屋のある角を鴨川のほうに少し行ったところにある時計屋さんか、質屋屋さんか記憶定かでないが、そのガラスケースのなかに、このようなピンバッチ・・というのでしょか、並べて売っていたのを買いました。

裏には メルボルンオリンピック候補挑戦陸上競技大会 31・6・10  と刻印がある。

もう一つ○型で黒地に水泳の図柄のを持っていたが、服に付けて外出したときに落としてしまった。残念でならない。
大変きちんとした造りで、ホーロー製のようだ。
by daikatoti | 2007-05-23 11:32 | 今日の美しいもの | Comments(4)
Commented by わたなべ at 2007-05-23 17:36 x
あ、私の生まれた年のものですね。
私も20歳前後の女子の頃、京都に居て
北大路通りの古道具屋に引っかかたりしながら学校に通ってました。
Commented by nabe56 at 2007-05-23 17:40 x
ホーロー製、というのにビビッときました!
1956年・・・産まれた年だわ・・・

寺町の果物屋というと「八百卯」かな? うれしいことにまだ営業してますよね。フルーツサンドをパクついたことがあります。寺町がお好きなんですね。今日は絵描きもそのあたりをうろついて帰宅したもよう。
Commented by daikatoti at 2007-05-23 21:04
わたなべさん  おもわぬところで、歳がわかってしまいますね^^
京都で学生時代だったんですね。メルボルンオリンピックって 前畑がんばれ と言ったときですかね。ちなみにtoti51とかいっていますが51才ではありません。もうひとひねりしてあります。
Commented by daikatoti at 2007-05-23 21:14
nabe56さん    まあまあ56年生まれの方が二人も名乗りを上げて
いただきましたね^^   ホーローと書いて誌も炊けど、七宝といったほうがよかったかしらん
OLしてた頃から、あのあたりが好きなんです。あと、四条縄手のガイジン向けの骨董屋街とか勤め帰りにうろつく迷惑な変人OLだったんですよ。
絵描きさんは今日も古本の収穫あったんでしょうか。市役所に一番近い
古本屋で、その昔マッチラベルの貼ったノートとかいろいろ買いました
名前
URL
削除用パスワード