人気ブログランキング |

蚤の市と蚤

d0101846_7363749.jpg

今までに出合った本の中で一番けったいな本といいますと、蚤の本ですね。
題名は忘れましたわ。図書館で借りた本です。
作者は、自分ちで飼っている猫の蚤をとるのが趣味のひとなんです。それで、それをセロテープで一匹づつきちんと並べて貼り付けたるんです。今日は54匹とれた、とか、128匹もとれたとか、わりとおしやれな写真に仕上げてあって、そればっかりなんです。日記ふうになっとりまして、ほんで、季節が秋になるにしたがって、とれる数がへってきますねん。まあいうたら、蚤とりの記録帳、いうことです。
そんな本作る人も人やけど、出版する人も人やねえ・・・。
それを図書館が買ったというのもおかしいし、まあ、借りる人も借りる人やね。
しかし、蚤をとる、という行為は、一種、眠っていた狩猟本能のようなものを刺激します。

蚤の市で物漁りをするのも、あれは狩猟本能やないかなとわたしは思っておるのです。
いかにいい獲物をゲットするか、非常に気分が高揚するのも頷けるとこです。
by daikatoti | 2007-07-04 07:37 | 日々のこと | Comments(6)
Commented by k-en-g at 2007-07-04 10:41
はじめまして。EKreidolf さん経由で遊びに来ました。
EKreidolf さん同様、daikatotiさんもいろんなことに詳しいですね♪
勉強になります。
蚤の本、想像するとけったいですが、その集中力は学ぶべきものがありますね。なんか見てみたい気がします。
それでは、また遊びに来ます♪
ちなみに、ガムの包み紙コーナーが好きです。
Commented by optimistic-pi at 2007-07-04 10:45
totiさま
40年以上昔の話。
わたくしにもそんな趣味がありました。
並べましたとも・・・・それを。
そこからの違い、母に見せて捨てました。
あぁ、わたくしには芸術的センスなし。

ところで素敵な獲物。
スパンコールをそれ風に?
Commented by daikatoti at 2007-07-04 13:12
k-en-gさん こんにちは。  私の場合は広く浅くで、たいしたもんではありません。  もう10年くらい前の本ですが、案外スローライフの、ハシリだったのかもしれませんね^^
あれ、ガムみていただいてるんですね^^ありがとさんです。
Commented by daikatoti at 2007-07-04 13:16
optimistic-piさん  入れ違いにおじゃましていたようです^^
piさんが、○を並べるとは思いもせぬ発見でうれしゅうございます^^
スパンコール、それ用に作ったわけではありませんが、なんとなく
連想しましたので・・・こういう感じでした。
Commented by senbe-2 at 2007-07-05 00:43
蚤取り、昔、母が毎日やってました。
そんなにたくさんは取ってなかったようです。いつも2~3匹。
親指の爪を合わせて、間に蚤をはさんでプチッとやってました。
取られてるミーコ(猫)もいやがる様子もなく、されるままでした。
あれはあれで、スキンシップというやつでしょうか。ちなみにオスでした。
Commented by daikatoti at 2007-07-05 08:35
senbeさん ぷちぷちって呼んでいる、ビニールの梱包材、あれを
つぶすの好きな人は、きっと蚤をとるのも好きだとおもいます。
そういう祖先からのDNAを受け継いでいるんですよ、きっと。
名前
URL
削除用パスワード