人気ブログランキング |

淺川マキ コンサートのチラシ

d0101846_6234039.jpg

淺川マキ、ある年代以上のかたにしかわからないだろうけど、いつも黒い服を着て歌っていたひとです。 暗い歌でした。 演歌ではありません。ジャズです。
京都勤労会館でのコンサートのチラシ。  ゲストが野坂昭如。 昭和47年ころです。

他、錆びたナイフ というアングラ芝居のチラシ。
by daikatoti | 2007-08-05 06:32 | 紙くずコレクター | Comments(12)
Commented by ムテッポウエビ at 2007-08-05 09:03 x
懐かしい名前が出てきたので、つい書き込んでしまいます。

決して笑わない人でしたね・・・
「女の子はかわいく」が常識だったこのころに、女性が意思を持って行動する、物を言うということに、かなり影響を受けた時代でした。

ジャンルは違いますがジョーン・バエズやビリー・ホリデーの歌に心動かされたり・・・
totiさんのおかげで、いろいろと思い出すことができました。

ホント、こういった物を大事にとって置くべきでした・・・(^^;)
Commented by oshibanayoshimi at 2007-08-05 11:39
ワァーっ! ビックリしたー! 最近の事かと思いました。まだ、健在で秘かにコンサートやってるのかと思いました。懐かしい名前ですね。
Commented by sulasula at 2007-08-05 15:25
懐かしすぎるーー(≧∇≦)
ギターを持ち歩いていた当時を思い出しました。
Commented by daikatoti at 2007-08-05 17:05
ムテッポウエビさん   どこかでみたお名前だと思ったら、ぷぷ(^^)
ねじさんちのオクサマで。   ようこそお越しいただきました。
淺川マキをご存知ということは、ほぼ同世代ということですね。
そうですね、女の子はかわいく、控えめでと、今の人が聞いたら考えられないような時代でしたね。  よくこんなもの取っておくものだと呆れられているんじゃありませんか?
今日は暑くて頭が冴えず、気の利いたコメ返しができませんが、またのお越しをおまちしております。
Commented by daikatoti at 2007-08-05 17:07
oshibanayoshimiさん   あれ、ご健在という噂は聞きましたよ。
懐かしのツボを刺激してしまいましたね。
Commented by daikatoti at 2007-08-05 17:09
sulasulaさん  おお、元気な50代のお仲間。お久しぶりです。
ギター少女だったのですね^^なるほど。
Commented by Nicole-ay at 2007-08-05 18:00
なつかしい~!浅川マキの名前をみたら及川恒平、小室等、六文銭とか次々に名前が・・・。わたし的には少し後のRCサクセションが好きでした。それとビートルズ、Tレックス、ピンクフロイドそしてミッシェルポルナレフです。興奮してちょっと時代ぐちゃぐちゃになりました^^;
Commented by daikatoti at 2007-08-05 19:40
Nicoleさん  おお、ミッシェルポルナレフの名前がでましたか。なつかしい。ホリディスホリデイ~♪ ですよね^^  六文銭なんていうのもいましたね。 ピンクフロイドはかっこつけて聞いてましたね。  なつかしい~
Commented by parajanov at 2007-08-05 19:49
コメントを勝手ながら拝見させていただいたら、
ホリディだとか、ポルナレフだとか・・・
わたしは父やもらい物のLP版で聞いたのですが、
なんか、昔のうたって世界からして素敵~って思います。
札幌にいた高校時代、レトロな市電に乗りながら昭和の歌を聴いていた変な高校生でした、わたし・・・
それだけ昭和を愛してます、わたし。
↓のお写真ももちろんきれいですが、
矢車草のネックレスは、なんだか昭和のアングラな背景が一緒だとはまりますね。かわいらしいけどデカダンを感じるというか・・・

Commented by mican-lingo at 2007-08-06 00:59
浅川マキ・・・・行きましたわ、コンサートに。
神戸の映画館で夜中12時に始まって、
「真夜中の神戸。始発まで。」ってタイトルでした。
その後、ニールヤング、ジャクソンブラウンのほうに、はしりましたわ。
はい。サンタナなんかもいましたね。
Commented by daikatoti at 2007-08-06 16:50
parajanovさん  は、ということは、かなりお若いかたなのでしょうか?
札幌、レトロ、女子校生・・・このキーワードいいですね。憧れの世界の匂いが。 「若い人」 とか・・三浦綾子だとかの世界ですね。  クラビクラというバーが舞台になったテレビドラマにもなった小説はなんていいましたっけ?
Commented by daikatoti at 2007-08-06 16:56
mican-lingoさん  サンタナ! 昨日から思い出そうとして出てこなかった名前です。キャラバンサライ でしたよね。
そうですか^^コンサート行かれましたか^^   そのタイトル最高ですね。
「真夜中の神戸。始発まで。」なんて・・・
夜が明けたら一番はやい汽車にのって・・なんて口づさんで帰っていったんでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード