人気ブログランキング |

阿佐ヶ谷の憧れの家が取り壊し予定

d0101846_1345024.jpg

急遽予定を変更して。
先日紹介した、「古本屋を怒らせる方法」にsumus&ナベツマカップルが、若い頃、阿佐ヶ谷に住んでいて、窮したときに、ナベツマさんが乳母車に、絵を積んで売りにまわった、というエピソードも書いてあるのだが、その阿佐ヶ谷。東京都杉並区にあるそうだが、ワタシは行ったことがない。
しかし、あることで阿佐ヶ谷というのは覚えているのだ。それは、宮崎駿の「トトロの住む家」という本に載っている、一軒の家が、以前からのワタシの憧れの家なのです。

たまたま阿佐ヶ谷という項目で検索をしていたら、なんと、この家が近々取り壊し予定という記事にぶつかった。署名運動など起っていて、杉並区に買い取ってもらおうという運動もおこっているらしい。
オレンジの屋根と、ちょっと荒れた、バラの咲く庭がある家なのだ・・・

近頃、ヴォーリズの家といい、古い良い家が次々取り壊しになる。悲しい。

画像差し替えました 13:50
by daikatoti | 2007-08-25 07:36 | 日々のこと | Comments(22)
Commented by バルおばさん at 2007-08-25 10:19 x
totiさんのブログには多才な方が多く、こっそり伺っては へ~と感心してますが、今回紹介された記事も一般には知られてない(それとも私だけ?)事で興味深く拝見しました。
時代の変化と共によく聞かれる話ではありますが、でもこれだけの趣きのある家、なんとかなればいいですね。
Commented by LEFFIE at 2007-08-25 18:26
ごたいそうな建造物の保存も大切ですが、この阿佐ヶ谷の家のようなものこそ、残して欲しいものですね。
それにしても、このおうち、木枠の窓をよく そのままにされていましたね・・
慈しんでお住まいだったことが伝わってくるようです。
Commented by nunonohana at 2007-08-25 19:20
家の写真みてきました。
私もこんな家で、儲からなくてもいい古い物屋さんをやるのが夢です。
宝くじでも当たらないと無理ですが、今年のサマージャンボも
みごとにはずれました^^;
今日、阿佐ヶ谷近くを通ってきたので、見に行けばよかった~残念。

Commented by Kcouscous at 2007-08-25 20:49
totiさんって、絵がうまい! と今更ながら感心。
Commented by EKreidolf at 2007-08-25 21:35
こんばんは☆阿佐ヶ谷は友人が住んでたので、10数年前はよく訪れていたのです・・・。古き懐かしき時代をしのばせる住宅はホントに残して欲しいですね。素敵な水彩ですね!この緑と陽だまりの空気感はすごい・・・。
Commented by Nicole-ay at 2007-08-25 23:41
この本私も持っています。私は明治~昭和初期に建てられた和洋折衷の建物が好きで、実はいくつか秘かにピックアップしたお宅があって近くに行くと必ず遠回りして観に行きます。この阿佐ヶ谷のお宅も本で観たときに「ええ感じ、すっきゃわぁ~」と思いました。こういうお家が取り壊されて2~3軒の新しいおうちが建つんでしょうか?なんとか残せないのでしょうかねぇ。
Commented by nobukoueda at 2007-08-25 23:42
阿佐ヶ谷の家見たことないけどこの絵からとっても暖かいステキなお家と想像します。
 totiさんの家もとってもあたたかくてステキで、憧れです。
 ところで、ブログへのアクセス数ってどこでわかるのかしら?なにもわかってなくて・・・@@;
Commented by ryo-diary at 2007-08-26 00:57
たしか相続税の関係で日本の場合なかなか家を修復して住み続ける
ことが難しいということを聞きました。 こちらはその点相続税を払っても
大した出費ではないので修復にお金を掛けられるらしく、古い家を
残して住んでいる人達も多いということ。 歴史のない国だから古いものに
こだわるというのもあるんでしょうけど。 日本は長い歴史を引きずる国だから、
古いものへの執着がなくなってきてるのかもしれませんね。
残念なことです。
Commented by daikatoti at 2007-08-26 06:51
バルおばさん  おはようございます。  これは、知る人ゾ知る、といった
まったくの個人のお宅ですから、こういうのを残していくというのは
なかなか困難かもしれません。 宮崎さんのさつきとメイの家 というのがあれだけもてはやされたんですから、この家も、多くの人の知るところとなれば、惜しむ人は数しれないとおもいますよ。 宮崎さんが買い取ってほしいなあ、希望です。 
Commented by daikatoti at 2007-08-26 06:56
LEFFIEさん  個人のお宅ですから、部外者があれこれいうのも、いけないのかもしれませんが、家というのはこうありたいとおもえるおうちです。 植物と家が一緒にはえているような気がします。 宮崎さんが本の中で、 ちょっと荒れているようなところが、植物に対するやさしさのようなものを感じると書いておられます。植物がほんとうに好きな人はそう、むやみに切れないのです。
Commented by daikatoti at 2007-08-26 06:58
nunonohanaさん  大丈夫ですよ、末広がりの人生ですから、夢はかないますよ^^  まめにお出かけされるかたですから、見れるものなら見てきてください。
Commented by daikatoti at 2007-08-26 07:01
kcouscousさん   シンプルなコメントありがとうございます。
朝の色鉛筆画が、あんまりだったので、久しぶりに絵をかいてみました。
差し替えたの気がつきましたぁ?
Commented by daikatoti at 2007-08-26 07:06
EKreidlfさん  阿佐ヶ谷という街は、散歩して飽きることのない街のようにお見受けすます。 古いものもいっぱい残っていそうです。東京というのは、案外こういう家がおもしろいところだと、行ったときにおもいました。
表参道なんかでも、少し裏に入ると、えっっと驚くようなレトロな住宅が残っていますね。
Commented by daikatoti at 2007-08-26 07:11
Nicoleさん  お持ちでしたか、この本。家には闇がなくてはならいって書いてましたね。 覗いてみたい、中がどうなっているんだろうと思わせるおうちって、たまにありますよね。 今の新しいうちの味気なさはなんなんでしょうね。古くなればそれなりの味が出るのでしょうか。やはり植物ですね。家が植物と同化していかないと。
Commented by daikatoti at 2007-08-26 07:15
nobukouedaさん   ありがとうございます^^
アクセス、お教えいたしましょう。  ログインして設定から入って、レポートをクリックしてください。
ネームカードからはアクセス解析などが見れます。
Commented by daikatoti at 2007-08-26 07:21
ryoさん  よく知らないけどこの、相続税で、おうちが三代続かないらしいですね。 格差をなくしていくのはいいことかもしれないけど、これでは文化は育ちませんね。どうしたらいいんでしょう。大きいうちはそのうち切り売りされて、なくなっていきますね。欧州の何百年も建ってる家に普通うに住んでいるのがうらやましいですね。地震国じゃダメかしらね。
Commented by トントン at 2007-08-26 22:53 x
久しぶりにコメントします。実は、我が家はこの阿佐ヶ谷の二つとなりにあります。私の子供の頃は、杉並は、トトロの世界そのものでした。かろうじて残っている、武蔵野の井の頭の雑木林が散歩道で、ほとんどがそこで写した写真です。
daikatotiさんの里山ガーデンはあの頃の杉並そのものです。お友達の家だったり、通学の途中で覗いた家だったり・・我が家は狭くて、庭らしい庭がありませんでした・・懐かしくて、ほっとします。
そして、daikatotiさんの、好奇心は、あの頃持っていた、好奇心を刺激し、楽しませてくれています。
Commented by daikatoti at 2007-08-27 11:09
トントンさん、ご無沙汰です。  そうでしたか、この近くにお住まいなんですね。杉並ってそういうところなんですね。 井の頭公園というのは、いろんなブログでよく拝見するのですが、随分自然が残っている場所なんですね。 東京っていろんな表情のあるところだなと、この頃妙に感心しているんです。  里山ガーデンはいいとだけ切り取っただけのものですのでとてもそのようなすばらしいものではないのですが、 年月を経た植物のある家というのはいいものですね。 一度そういうところを散歩してみたいものです。
Commented by tamayam2 at 2007-08-29 08:27
じつは、私は毎週この家の前を通ってある場所に行きます。
そうですか・・・そういう話があるのですね。この辺りは、私が子供の
頃からあまり変わっていません。ケヤキの屋敷森のようなものも
ありますよ。
Commented by daikatoti at 2007-08-29 10:47
tamayamさん  そうなんですか、お近くだったんですね。おもしろそうな街ですね。そのケヤキ屋敷も聞いたことあります。下記のサイトを以前に見つけ時々見て楽しんでいました。 お散歩するのにもってこいの場所で垂涎です^^
http://www5c.biglobe.ne.jp/~akitaroh/asagaya2004/asagayasanpo.html
Commented by カズミッシモ at 2008-07-27 14:05 x
今日テレビで「ジブリの風景」という番組に、出てきた家・・・これはどこかで見た・・・と、totiさんのブログを思い出しました。無事にそのままあるようで良かったです。この絵の通りですね。季節柄木や草が茂って見えましたが。雰囲気そのままtotiさんの絵の印象が思い出させてくれました。
Commented by daikatoti at 2008-07-27 19:08
★カズミッシモさん  そんな番組があったんですね、見逃したなぁ。ここ保存されることが決まってよかったです。  この絵のこと思い出していただいて光栄です^^
一度実際に見にいきたいな。春はバラが咲くそうだけど、管理もちゃんとしてるんでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード