人気ブログランキング |

ミノムシの皮で出来た、バック

d0101846_60316.jpg

先日、里山ガーデンで話題になったミノムシのバック、探してもなかなか出てこなかったのが
やっと出てきた。 こういう探し物は、やはり一番ありそうなところにあるものだ。何度も調べてみた場所に、やっぱりあった。

これは、何年か前にガレージセールで買ったもの。お値段は申し訳ないお値段でありました。
こういうものは、いいと思う人と、気持ち悪いという人、それぞれだと思う。

今、ミノムシが中国からやってきたハエのために、絶滅の危機にあるといわれているらしいが、我が里山ガーデンでは大発生。 一旦発生すると、薬も効かないし、手で取るよりほかない、やっかいな害虫であります。  昔の人はこんな害虫も利用して袋物にしたんですね。

表面の木や葉っぱは取り除かれています。どういう加工をするとこういうふうにきれいになるのでしょう。 拡大写真は里山ガーデンに出しておきます。


※ 本は、ガブリエル・バンサンの画集 「砂漠」  ブックオフで見つけた。8000円が1000円ででていた。  日本の水墨画に影響を受けたらしい、ベルギーの女流画家。絵本がたくさんでている。犬のお話、アンジュール などが有名。 老夫婦 も好き。
ものすごく絵がうまい。 真似できない作風であります。
by daikatoti | 2007-09-18 06:21 | 今日の美しいもの | Comments(23)
Commented by ars_marloowe_june at 2007-09-18 08:27
蓑虫のバッグ!?
このバッグは花びらのパッチワークですね。
とてもセンスが良い加工だと思います。
私の手にしたものは単なるパッチワークでした。
こういうものは価値の分かる人、植物と蓑虫を身近にしていたり、
それなりの体感なり体験に蓑虫や虫との交流がある人でないと
理解されない気がします。
このバッグなどtotiさんに救われるのを待っていたと言っても
よい気がします。
Commented by ars_marloowe_june at 2007-09-18 08:28
古いほうのHNで出てしまいましたが、ars_makiないしarsです。
Commented by nabetsuma at 2007-09-18 09:01
ほほほ、買えたのね!
(このブログ見た誰かに先を越されてたら、
昨日よりどんよりしたかも・・)

アマゾンやジュンクなどのHPには品切れとあっただけで、中身の
写真も皆無でしたから、そのうちステキなページをあっぷしてねー。
Commented by kero-kero3 at 2007-09-18 09:01
里山ガーデンのほうも拝見しました。
とても細かい手仕事ですねぇ。
蓑虫はひらいてみたことがないのですが、
木や葉っぱを取り除くと、中からこのような
柔らかそうな布様のものがあらわれるのですねえ。
Commented by imamuru_39 at 2007-09-18 09:24
おっ、これですか!?
すみません、私「ミノムシの皮のバッグ」って、木も葉もついていて、ズバリ民芸品っぽいものを勝手に想像していました。
コルクみたいな手触りですか!?ほほう。これでどこかで見ても、これが「ミノムシバッグ」ってわかりますね。
いやぁ、おもいろいですねー。
Commented by ryoi at 2007-09-18 10:40 x
細かい仕事ですねぇ。
予想とは全く違ってちゃんと模様になっている。
ありがとうございました。
Commented by ryo-diary at 2007-09-18 11:31
蓑虫のバッグ・・・^^; いや、いつものように蓑虫に見えるバッグなのかと
思ってましたよ。 本物の蓑虫の皮だったんですね。 これを作る人も
人だけど、買う人も凄いなぁ。 昔は蓑虫を色紙を細かく切ったものを
入れた箱に入れて、色紙の蓑虫の皮を作ってました。 色紙よりも
この方が味が合っていいねw
Commented by daikatoti at 2007-09-18 12:10
arsさん  すご~く手が込んでいるでしょう! これを見つけたときは
まず、値段が安かったことで、標本というか資料的価値があると思ったんですよ。  虫嫌いの友人などはやっぱり嫌がりますね。 トカゲ皮とかヘビ皮とかあるのにね。
Commented by daikatoti at 2007-09-18 12:15
nabetsumaさん  まあ、この地域でこれが売れてしまうとは思えなかったけど、万一とおもってすぐ行きました。
は~い、近いうちに出します。
Commented by daikatoti at 2007-09-18 12:20
kero-kero3さん    お蚕さんのようなものなんですね。すごく
強い繊維です。  祖母などから、話には聞いて知っていたのですが
目にしたのはこれが初めてです。  小さいころ、ミノムシで財布とか作ったんだよ、という話を聞いて、自分でもミノムシの中身を何匹か出してみたことあります^^ とてもこんなに集まりませんね。
Commented by daikatoti at 2007-09-18 12:23
imamuruさん  たしかに、たしかに。 想像できないでありましょう。
知識の壷に一つ入りましたね。えがった・・えがった・・
ところで、これ、ワタシに似合うでしょうかね、   ・・・?
Commented by daikatoti at 2007-09-18 12:25
ryoiさん  昔の人の作ったものは、こんなに凝っていなかった
と推測するのですが、なかなか大変な仕事です。 ちゃんと買えば
すご~く高いそうです。
Commented by daikatoti at 2007-09-18 12:30
ryoさん  ミノムシに見えるバックというのも、たいへんおもしろいですね
アイデアがうかびました!
その色紙の実験やったことあるんですが、網戸の網ぐらいの網のつかってある虫かごに入れておいたら、網が全部虫の吐き出す糸で埋め尽くされて、その虫かごは再起不能になりました。どうやったって取れませんでした。強い糸なのです。
Commented by バルおばさん at 2007-09-18 20:43 x
なんとミノムシの着物や帯もあるんですよ、ゾワ~!でしょ。
勿論全部ミノムシでなく、柄の所に色の微妙な変化で模様をつけるそうです。見た事はないけど、作ってた人は私の街にいたそうです。
Commented by daikatoti at 2007-09-18 21:25
バルおばさん  ほぉーっ! 新しい情報ですね。  うん、帯はあるんじゃないかなと思いました。   上州でしたよね、バルおばさんとこ、・・なんとなく本場って気がしないでもない。ミノムシ多そうだしぃ・・・(ぽかっ
これは、空想かな、鎧の下にこれで出来たチョッキのようなの着ると、切られても、ミノムシの弾力で切れない、、なんていうのは、夢にでも見たのかな・・・。以上未確認情報です。
Commented by Nicole-ay at 2007-09-18 22:51
素敵です^^実家に帰って探したけれど無かった私の蓑虫バッグはもっとザックリしたいわゆるヒッピーが持つ様な(ヒッピーは死語ですかね?)肩から掛けるようになっているもので、このような繊細なものではありませんでした。これはお値打ち品ですよ。totiさんお買い物上手ですね^^v
Commented by daikatoti at 2007-09-19 14:33
Nicoleさん   おおヒッピー、、懐かしい響き、 ワタシ的にはそういう形のほうが持ちやすいかも。  え?それNicoleさんが持ち歩いてはったんですか? ぷぷ・・やね(笑   お値打ち品 ・・・そう思います。
お買い物上手といっても、必要なものを買わず、どうでもええもんばっかり買うという困った癖があります。
Commented by kohakuza at 2007-09-19 16:19
こんにちは♪
わ〜素敵です!実際に商品になってる物は、初めて見ました。
カタチを丸く切りそろえてると、とてもミノムシに見えませんね。
私が小さい頃作ったのは、もっと雑巾みたいになっちゃいましたよ。
ハサミで切るのも大変なぐらい固かったのを覚えてます。


Commented by daikatoti at 2007-09-20 11:06
kohakuzaさん  そうそう、思い出しましたよ、ハサミで切れないくらい
固かったです!  なんだかこれ、きれいに出来すぎてますね。
表面についてる枝や葉を落とすのも大変そう。 なにか使い道ないんでしょうかね、そういう特徴を生かして。蜘蛛の糸もなんだかの研究に使われてるという話を聞いたことがあります。 これも何かに使えそう。
Commented by senbe-2 at 2007-09-22 11:38
ガブリエル・バンサン、何となく気になって、調べてみたら、
私もよく知っている絵本の作者でした。家にはないので、作者の名前まで覚えてなかったけれど、画風が魅力的で印象に残っていたのでしょう。
荒いスケッチ風の絵だけれど、そのものの本質をしっかりとらえてあるのがすばらしいですね。あこがれます。
中身も近いうちにアップされるとか・・・楽しみにしています。
Commented by daikatoti at 2007-09-22 17:55
senbeさん  この方の本、文字がはいってなくても、ストーリーが
わかってしまうというのがすごいですね。
これは、画集でストーリーにはなってないのですが、アンジュール などはすごいですね。  よければ↓参考にしてください
http://plaza.rakuten.co.jp/ekatocato/diary/200703090000/
本屋さんで立ち読みしたくらいで、全体のようすはよく知らないのですが・・
Commented by 若゛旦那(ばかだんな) at 2008-08-26 17:44 x
すみません、初めてお邪魔します
蓑虫のバッグの検索に引っかかって
こちらまで着ました
勝手にリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
Commented by daikatoti at 2008-08-26 19:57
★若”旦那さん  ようこそ^^
蓑虫のバック、約一年前、なつかしいです。 
そうですか、呉服屋さんをやっておられて、お客様から話題が出たのですね。 ある年代以上のかたは、知っている方多いですよね。 リンクありがとうございます。  若い方は蓑虫のバックなんて聞いたこともないでしょうから驚きますよね。
この記事の中の「里山ガーデン」というのも私のブログなのですが、ブログ内検索かけていただくと、蓑虫の記事もいくつかございますので参考になさってください。
名前
URL
削除用パスワード