人気ブログランキング |

豆本?

d0101846_7263488.jpg

これは、豆本といっていい大きさなんだろうか。 今、採寸をしようとしたら、またどっかいっちゃって見つかりません。とっほ。。   おおよそ、手のひらサイズです。

いつも、ぴしーっとしたものを見せて貰いなれてるせいか、この じじむささは、なんじゃい と
いった感じですが、ご勘弁を。
中身はなにかというと、何てことありません、押し花が、植物図鑑ふうに貼ってあるだけです。

この本をこの前から捜していたのだが、その時、嬉しいことに半年前から行方不明だった小銭入れが見つかった。 これがなくって不便だったのだ。 よかった。
中身も846円入っていた。 臨時収入! ・・?


※   ※
唐突ですが、翻訳本というのが苦手です。  海外のミステリーだとか、まあ軽い読み物ですね、そういったものをふと読みたくなって、手に取ることがあります。  当たり外れもありますがひどいのに当ると、文章がゴロゴロして、非常に読みにくい。  
これ、以前は自分の頭がおバカなんだと思っていましたが、どうも翻訳のせいなんですね。
この翻訳の世界がどういうふうになっているのか分りませんが、なんだか、ただ外国語を訳しただけのような、まるで、ミキサーにかけぞこなったミックスジュースのようなゴソゴソした喉通りの悪い文章に当ってしまうと、なんだかがっかりしてしまうのです。
そして、かなりそれに当る確立は高いのです。
by daikatoti | 2007-09-19 07:52 | 雑貨アート | Comments(18)
Commented by Kcouscous at 2007-09-19 08:48
おっ、出ましたね。すばらしい! コーネル装ではありませんか。私もこの形の本がいちばん昔っぽくて好きです。
専門家の世界では何センチ以下が豆本とか、いちおう決まり事はあるようなんですが、国によっても違うようだし、てのひらに載るサイズなら「掌中本」でいいんじゃないでしょうか。中もぜひぜひ見せてほしい!!

翻訳本はねぇ、ヘタなのにすごく売れてて次から次と出している翻訳家が少なからずいるので、読みにくいと思ったときは、どんどん編集部に「ご意見」を送りましょう〜。そして陽の当たらないビンボー翻訳家たちを助けましょう(^^)。
Commented by nabetsuma at 2007-09-19 11:14
ちょとtotiさん、
ロアルド・ダールの「あなたに似た人」の翻訳は『田村隆一』でっせ!
翻訳は田村隆一かKcousさんか!?というくらいの一流どころよ!
読みやすくて、くせがなく、言い得て妙の翻訳よ!

で、「南から来た男」は読んだの?
Commented by daikatoti at 2007-09-19 14:18
kcouscousさん  コーネル装というのですか、これ。もう随分前に作ったものなんですが、作り方の本を見てつくりました。 まず、手始めにこれを練習につくって、どんどん作るつもりが、大挫折。中身の絵は用意したのですが、とうとう本制作は、これ一冊となっております。  押し花は、
どうということもないものですが、写真で誤魔化していい雰囲気がでたら
お出ししましょう。
なるほど、訳分らん、と思ったら編集部にチクればいいのですね。
(↑上で、また騒いでる方が・・・・fm^^;
Commented by daikatoti at 2007-09-19 14:28
nabetsumaさん   またまた、それ早totiり でっせ。
なるほど、ナベツマさんおススメの「あなたに似た人」は、今一番身近にある翻訳本です。で、その訳者が田村隆一さん、と、こないだっからの、ネズミ男バトル。 連想ゲーム的にみれば、なるほど誤解をうけてもいたしかたないかもしれませんが、 はい、おっしゃるとおり、この翻訳のかたは
上等です。 こんなん違ごうて、なかにはほんま、ひどいもんおますのよん。   はい、南から来た男 するりと読みましたよ。ジャックニコルソン
が演じたらいいような男ですね。 こわいでぇ~、あのおじさん。シャイニング見やはりました?
Commented by oshibanayoshimi at 2007-09-19 21:23
 押し花と聞けば、中も是非見せて頂きたいものです。
Commented by nabetsuma at 2007-09-19 23:41
ほほほ、まあそうは思いましたけどね。
(だって田村だめなら他にいないもん!クリスティも多くがこの方です)

シャイニング、見逃すはずないやないですかあ!!
あたしの場合、原作が先ですが。キングはほとんど読んでます〜
あの方、長編がだめです。中編がおもろいんです。
スタンドバイミーも刑務所のリタ・ヘイワースも中編です。

で、シャイニングですが、
あのニコルソンのポスター見て、息子が怖がるのなんのって・・
「あのおじちゃんどーしたの?なんであんなこわいおかおしてるの?」。
(念のため、息子は東京生まれ。)

でも、ナバホインディアンのブランケットが素晴らしい映像でした!
(=∧=)キューブリック、けっこう好きな監督です〜
Commented by iwish1519 at 2007-09-19 23:51 x
ロクに本を読まない私が言うのはおこがましいのですが、実は、、、
「ハリーポッター」をそれで挫折したのです・・・
Commented by ryoi4141 at 2007-09-20 05:16
昔頼まれて小説の「翻訳」をしたことがありますが難しいですね。頭の中では映画のように人物や風景が動くのですが、日本語にすると大仰な芝居になってしまう。 日本語が堪能でないと翻訳は難しいと思います。 「ハリポタ」の訳者は通訳を務めたことがあるので語学は堪能でしょうが、なにしろ「おばあさん」なのであの小説の感性を移すには年を取りすぎています。 たまにインテリのおばあさんの中には「勘違いを」悟ることが出来ない人がいて、とても困ります。
Commented by daikatoti at 2007-09-20 06:50
oshibanayoshimiさん   夏休みの宿題のような押し花ですよ=^^=     押し花って20年以上もたっても、そう変わらずにあることが
すごいですね。
Commented by daikatoti at 2007-09-20 06:58
nabetsumaさん  誤解は解けたようですね。
翻訳者の知識ゼロですので、また教えてくださいね。翻訳モノを読むときは訳者の名前をチェックしないといけませんねぇ。

シャイニング、・・たしかに、あのポスターの顔は、子供は怖がるでしょうね
あの映画は、なんともいえない恐怖感で、一人では見たくない映画ですね。 特に残酷な画面が出るわけでもないのに、アレだけの恐怖感を煽るというのは、やはり、スタンリー・キューブリックでしょうか。 ジャックニコルソンも、あの人は顔怖いけど、ええ役者さんです。
Commented by daikatoti at 2007-09-20 07:03
iwishさん  「ハリーポッター」ねぇ・・・(笑   そんな大物も、
その手のものだったんですか!  ハリポタは映画も本もパスしてるんですが、・・・でも売れてますよね。  買った人の大半が、途中で投げ出してる・・ってこともありえますよね。  う~ん、問題ですね。
Commented by daikatoti at 2007-09-20 07:14
ryoiさん   ryoiさんは、ブログ名からして、文学的な香りがしましたが
そういうこともやってらしたんですね。 クラブのアルバイトといい、なかなか、奥の深いものがありますね(^^

そうなんです、外国語を扱う人はまず、日本語がしっかりしていないといけないとおもうのです。 なんだか、外国語を扱うことに、陶酔して、日本語をおろそかにしている翻訳者のひとが多いような気がするのです。
なにか、翻訳業界のシステムのようなのに問題でもあるんじゃないかな
という気がします。  いい人を育ててほしいですね。  映画の字幕の
戸田奈津子さんのおかげで、随分洋画を楽しませてもらっていると、感謝しています。 後継者はそだっているのでしょうかねぇ

>インテリのおばあさんの中には「勘違いを」悟ることが出来ない人~
名言です。   どうもこの業界、勘違いが多いようです。
Commented by ryo-diary at 2007-09-20 12:35
翻訳された文は、どうしても意味が欠けたり微妙にニュアンスが違ってきたりすることが多いです。 「星の王子様」を日本語と英語とフランス語で読んだことがあるんですよ。 やっぱりフランス語が一番染み通る感じがしました。 でもそんなこと出来る文献は限られてますからね(汗) 私は日本語と英語、たまにフランス語を話すけど、同じことを伝えるのに全く違う言い方をします。 直訳じゃ何かが伝わらないんですよね。 戸田奈津子さんの翻訳は素晴らしいと思います。 絶対直訳ではないんだけど、ニュアンスを掴んでる。 なかなか出来ることじゃないですね。 

臨時収入、おめでとうございますw
Commented by daikatoti at 2007-09-20 19:10
ryoさん   戸田奈津子さんはやっぱりすごいですよね。時々映画をみていて、この映画なんかわかりにくかったなと思うときは、戸田奈津子さんじゃないんですね。 いつまでもお元気で活躍していただきたいです。
そう、ニュアンスを掴んで、美しい日本語で翻訳してもらいたいです。
語学に堪能で、尚且つ美しい日本語を扱える、そんな翻訳者の人が、たくさん出てきていただきたいですね。

今日のryoさんのコメントは、とても賢い雰囲気です。(はい、賢いかたなんですけどね(=^-^=)
Commented by iwish1519 at 2007-09-20 21:32 x
私の周りには10代から80代まで熱狂的なハリーポッターファンがいて、肩身が狭いんですが。totiさんがパスと聞いて、福袋の中身があたったみたいな、嬉しさです。
Commented by daikatoti at 2007-09-20 22:25
iwishさん  こんなことで、喜んでいただいてお安いものです(^^
ハリーポッターってやっぱりすごいんですね(^^;  要するに、へそ曲がりなんでしょうね。常に少数派のほうに流れるんですよ。
Commented by dangobongo at 2007-09-21 10:34
おはよーさんです。
とても素敵な装丁で、コメントできませんでしたわ。
これは中の紙もちゃんとくっつけてあるのでしょうか?興味あるある
見せてもらいたーいです。ごろにゃん。
Commented by daikatoti at 2007-09-22 06:44
ダンゴボさん  そうよ~^^^ん   もう、どうやって作ったのか忘れたけど、中身の紙も裁断してあります。 豆本っていろんな作り方があっておもしろいね、カルトナージュもあれだけできるんだから、この世界も、挑戦してみてください。 いいものできそう。
名前
URL
削除用パスワード