人気ブログランキング |

ちにちにとくすり


d0101846_723225.jpg
豆本の入っていた箱の中にこんなものも入っていた。
きっと、"あんたたちの絵も豆本にしてあげる” とかいったんだろう。
同じ豆本サイズに描かれた子供の絵が何枚か入っていた。  わっはっは。
もう、20数年の歳月が・・・・

ほんとうに小さい豆本も出てきた。
これには、子供語録が書いてある。
子供って、おもしろいこと言うもので、それを書き留めてある。 例えば

ムスメ  (夕飯のおかずをみて)   あ!えりまき! (春巻き)

ムスコ  (転んで、床で頭を打ったとき)
      おかあさん、あした、あたまがわれたらね、おみせで、あたまかって、つけかえてね

なんてことがかいてある。
そんなだったムスコのところに、はや孫ができて、朝おくちに、なんだかラムネ菓子のようなのをいれて、うれしそうに ”ちにちにとくすり!” と説明する。
なんのことかと、ママに聞けば、カルシウム剤らしく 一日一回のむおくすりだよ  といいきかせるのを  ”ちにちにとくすり!” といっているのだ。

子供の言葉は詩(うた)のようにうつくしい

※待ち針の下の異常に小さい折り紙の玉はムスメさん作(ゴマゴマすりすり)
by daikatoti | 2007-09-26 07:28 | 子供の絵 | Comments(10)
Commented at 2007-09-26 09:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Setsuko at 2007-09-26 11:29 x
すっかりtotiさんのブログにはまってしまってたびたびおじゃましてすみません^^
ムスコさんのあたまのお話、かなりうけました~!ほんと子供の言うことはかわいさの中にユーモアがありますよね^^
そして猫好きの私は、画像の奥にあるムスコさんかムスメさんが描かれた猫ちゃんの絵がかなりツボです。
Commented at 2007-09-26 14:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by iwish1519 at 2007-09-26 15:32 x
毎日あけるのが楽しみ。あけると、パッと美しく思いもかけないものが!
今日もやられました。totiobasamaは魔法使い?子どもの言葉はおもしろがってメモしましたが、こうやって豆本にするなんて思いつきませんでした!
Commented by daikatoti at 2007-09-26 21:48
setsukoさん  どういたしまして。  そういえば、この猫、おたくの
キュートな猫ちゃんに似ていなくもないですね。
そちらは熊本なんですね、友人が熊本の出身でよく話題にでますので
おもしろいお店の情報など興味深く拝見しております。さっきは、栗のようなイギリスのおうちがほんとにかわいいなぁと眺めていたんですよ。
あれ、人が住んでるんですよね、信じられないかわいさです。
あんなおうちに住んでみたいですよね。
Commented by daikatoti at 2007-09-26 21:53
iwishさん   今からおもうと、もっともっといろいろ面白いこと
聞いたはずなのに、みんなメモしておけばよかったと思います。
それだけで分厚い本が出来そうですものね。
そういう分厚い豆本つくるべきだったなぁ

あ、中世の魔女裁判に掛けられそうという評判はありますよ(笑
Commented by nobukoueda at 2007-09-27 07:01
豆本本当にすてきですね。そういえば、私も幾つかあつめたときあったなあ。
子どもが小さかったとき、子どものことを絵本にしたのもあったなあ。又、暇なときアップしたいです。
Commented by daikatoti at 2007-09-28 07:55
nobukouedaさん は、ワタシから見るとしょっちゅう何処かにお出かけ
されていて、パワフルな毎日をおくられているような気がします。
子どもさんのことの絵本捜して、みせてくださいね。
豆本は追求すると面白い世界かもしれませんね。
Commented by ryo-diary at 2007-09-29 07:04
うんうん。 子供の言うことって面白いですよね。
毎日子供相手に仕事してると、時々笑い過ぎて仕事にならないことも
あります(笑) その貴重な一瞬を豆本にして取っておく・・・
素敵なアイディアです♪
Commented by daikatoti at 2007-09-29 11:09
ryoさん  ひとりかふたりの子供でも可なりネタありますから、
お仕事で大勢の子供の相手していれば、日々おもしろい発見
がありそうです。 こういうことは、すぐ忘れてしまいますから
是非書き留めることをおススメします。
名前
URL
削除用パスワード