人気ブログランキング |

布絵~鉄瓶

d0101846_7335932.jpg


※   ※
もう、阪神淡路大震災から13年も経ってしまって、記憶に誤りがあるかもしれないが、あの朝、テレビでは、高速道路が崩れ落ちたところや、ビルが傾いている映像が映し出され、上にはマスコミのヘリコプターが、ぶんぶんと飛び始めた8時頃、○山首相を取材に行った画像が出た。 なんと、驚いたことに、首相は、地震がおきて、ものすごいことになっているということを、ご存知ないご様子。 驚いた。ああいう方達は、朝テレビなどご覧にならないらしい。 (誰か知らせる人はいないのか)
そうこうするうちに、テロップは次々と死者の名前を報道。 最初数人だったのが、どんどん数が増えていった。 街のあちこちで煙も上がりだしてきた。 消防車は何故こない、と思った。はやく消さないとどんどん広がる。 案の定、夜には大火災になっていった。
病院が怪我人で溢れ、廊下で寝かされている人達の画像もお気の毒だった。

ゴジラのような映画では、こういう時、内閣総理大臣が叫ぶ。「自衛隊出動!」
現実は違うんやねぇ・・・そう思った。 今まで何となく信じていたものが、信じるに足りず、あまりにもろいということに気が付かせてくれたのが、阪神淡路大震災だった。
by daikatoti | 2008-01-17 08:04 | 布絵 | Comments(10)
Commented by nobukoueda at 2008-01-17 09:20
今日は大原は今冬初めてのすごい雪!
なんだか13年前のことを静かに受け止めるべき雪の日のようです。
Commented by マチス at 2008-01-17 09:54 x
宮脇   子という布絵作家をおもいだしました。下地のシワシワ感がとてもいい。枝のTAKASHIMAYAとは?




宮脇  子という布絵作家を思い出しました。下地の布のシワシワ感がとてもいい。        阪神淡路大震災では、、、、、、、、、生涯ただ1人の男と別れることになったのは、、、、、震災で私を気遣わなかった彼に、心底怒った、近くにいるのに、、、、遠い人にしてしまおうと決意した、私はうつ病になり、それさえ男は知らない、彼は独身なのに、いつまでも私を表沙汰にしない理由が解せなかった、今でも憎くはない、彼がいる建物のそばを通る時、平常心ではあるが、    もう昔のこと   とするにはまだまだ時間が必要だ、、、、、、、、

Commented by gyuopera at 2008-01-17 17:52
神戸地震、恐ろしい災害でしたね。私も以前は芦屋の古い社宅に住んでいましたので、あの時あそこにいたら、つぶれていたかもしれません。
それにしても、総理がそんなことを知らなかったとは!!こちらでは、すぐトップクラスの人(総理や王室のひと)が災害地に向かいますよ。

布の絵、ほっとするような温かみがあっていいですね。
Commented by nabetsuma at 2008-01-17 19:04
>消防車は何故こない、と思った。

そういう場所では道路がたいへんなことになっとるど。
くわえて通れる道は逃げ出す住人と安否確認に入ってくる
人たちが乗ってる車で大混雑!
しかも消火栓が使えない〜(水道が地下で寸断)

はあ〜〜いろいろありました・・
自衛隊、ちゃんと来てましたで。長田区役所そばの幹線道路に
装甲車が何台も泊まってましたよん。あとにもさきにも装甲車を
街なかでみたのはあのときだけ! 目が点になりましたが〜
デジカメ、なかったんですわ・・
Commented by daikatoti at 2008-01-17 19:33
nobukouedaさん  雪が降りましたか。大原に降る雪、さぞかしきれいでしょうねぇ。 こちらも今日は身を切るような風が吹いています。
あの、震災の日も寒かったですね。
Commented by daikatoti at 2008-01-17 19:37
★マチスさん  TAKASIMAYAの文字は、何かロゴを貼りたくて、近場にころがってた、パンフレットから切り抜いたもので特に意味はありません。
震災には、悪い思い出があったのですね。最も、いい思い出なんて有り得ませんが。 時を待ちましょう。
Commented by daikatoti at 2008-01-17 19:43
gyuさん  芦屋も被害が大きかったですね。
私の記憶では、朝のあの時間では認識されてなかったようでしたが、、
それから後は、何か事がおきると、総理がなんていうのかな、スーツでない服を着て被災地を即見舞うというのが慣例になった気がします。

布絵、極、小品ですが、気に入っている作品です^^
Commented by daikatoti at 2008-01-17 19:52
★nabetsumaさん はい、おっしゃるとおりでしょう。通れなかっただろうし、消防士の人も罹災してたかもしれませんね。
あ、消火栓も使えなかったんですか。 自衛隊出るの遅くなかったですか?見ていてヤキモキしましたよ。  テレビで見ている立場から言わせてもらうと、もっと敏速にやってあげてほしかった。

余談ですが、レポートに被災地を訪れた,NHKの女史アナ、9時にいつも出ていた才媛といわれていた人ですが、焼け焦げた被災地のルポに、
流行最先端のリボンのついたようなブーツをはいて現れたのには、あんぐり。 ああいうところで、本当の教養というようなものが問われると思いました。
Commented by カズミッシモ at 2008-01-18 00:22 x
息子が都内の大学に行くので早く起きてテレビをつけ、「おばあちゃん家のあたりだよ」と言ったときはまだこのような事態とは予測できませんでした。その後一晩弟一家は壊れたマンションをでて山手にある母の家へ、一晩近所の人も泊まって過ごし翌日線路を歩いて一駅行ってから滋賀県へ避難、私は21日母を迎えに米原へ、弟一家は京都の親戚のアパートへ・・・。もう13年も経ったのですね。大切な人を失った友達もいる中幸い無事にいまも皆元気です。母は印象に残る記憶以外は忘れていますが。
Commented by daikatoti at 2008-01-18 08:43
★カズミッシモさんの御実家も被災されていたんですね。 それぞれ、ご近所の方など助け合って避難したり、被災地を離れられたり、そういう時、助け合っていかれたのですね。 どなたもお怪我もなくご無事でなによりでした。
名前
URL
削除用パスワード