人気ブログランキング |

技術は、盗んで覚えろと、教えられた。

d0101846_5254353.jpg

むかし、こういうお仕事を。
なかなかまっすぐの線が引けなくてね。。
by daikatoti | 2008-09-04 05:31 | 図案屋 | Comments(26)
Commented by yocchi0220 at 2008-09-04 06:47
友禅かな?
そういうお仕事されてたのですね。納得納得。でもtotiさんにはいろんな
型や枠を超えた活躍が似合うと思います。
線一本でも、説得力のある線と迷いのある線がすぐ分かるから悩みます。
Commented by mican-lingo at 2008-09-04 07:43
ああ、これが豪華絢爛になっていくんですね。
これらが現在のtoti風のベースなのね。
いや、それ以前からあったのか・・・(^ ^)
Commented by mamaさん at 2008-09-04 08:10 x
一番簡単そうで、ジツは一番難しいのが直線ですよね?
誤魔化しがきかない。泣かされました~~
Commented by mototot at 2008-09-04 08:54 x
あぁ、そうだったんですね。趣味をこえたデザイン感覚だと思った訳です。
これ、色糸をのせなくてこのままで素敵ですね。和でありながら、洋の感じもする。
Commented by weloveai at 2008-09-04 09:21
totiさん、拝見したその日に、謎解きしたくって
ブログを遡った。
見つけました 「鶴の御針箱」
魅力ある方ですヮ~

Commented by nobukoueda at 2008-09-04 10:26
友禅の線、日本の伝統の線、徹底した職人さんの確かな技術が日本のすばらしい文化を育てていたのに・・・
 すごい技術を持った友禅の作家さん、職人さんが今それを生かす場がすくなくなっている。それは、それを伝承する人がいなくなっている。
 デジタル技術で優れた作家さんの友禅反物が印刷されていく時代だけど、盗んで覚えた時代の線は1本1本又、師匠とは違う次の時代の線とおもうけどねえ。
Commented by tripper_01 at 2008-09-04 11:43
昔、締切に追われるお方のテキスタイル、ボランティアでお手伝いした事があって、みんな花の柄なんだけど、インダストリアルな私のはみんな扇風機風であったのであった。 一応採用されたらしいけど。
Commented by h-rose at 2008-09-04 14:35
柄物好きにはたまりませんこの図柄。文様も大好き、ただ描けない私です。
この頃思います、物欲は失せてきましたが生み出す力が欲しい・・・描くこと、かたち創ること。ないから買って満足するような気がします、高額は無理ですけど。
盗んで覚えろですよね、職人気質いいなぁ〜。今の寿司屋や美容室はどうなんだろうと興味津々。マニュアルがないとできない若者多い今日このごろ、バイトはコンビニ人気。空気を読めとKYという若者、これまたこの言葉そのまんま返す。おばちゃんも自分のことばっかで猪突猛進過ぎるけど・・・久々訪問で愚痴ってしまいました、ごめんなさい。
Commented by oshibanayoshimi at 2008-09-04 15:26
アーッ!!! 少しですが、toti様の謎が解け始めました。だからかー!!!
良い、柄ですねー!!!
Commented by Annko at 2008-09-04 16:33 x
着物の下絵というか、染色のお仕事されていたのですか?
よどみのないこういう線を描くのってとても難しいですよね。
このような経験があって、素敵な絵を描かれるのでしょうか…。
Commented by LE at 2008-09-04 16:34 x
これは壁紙にしてもぞくぞくっとするぐらいいいね〜、このまんま白黒でも!

これを描こうとしたら、手がつるっとすべって線がまがる、絶対に。息をとめて一気にいくのかな、そういう訓練も必要ですよね。
Commented by daikatoti at 2008-09-04 18:50
★yocchiさん  輪郭がわかりましたぁ? yocchiさんもどんな輪郭をもってるのかな。 もっと絵出してくださいよ。
う〜ん、ブランクが開くと、てきめんに線にくるね。
Commented by daikatoti at 2008-09-04 18:52
★mican-lingoさん  そう、これが、色数ぶんだけ重なって豪華絢爛になるわけ。
細かいことを黙々とやり続ける根性みたいなのはこれでいただいたかな。
Commented by daikatoti at 2008-09-04 18:54
★mamaさん え、ということは同業者? 日本刺繍のお話?
毬の紐とかつゆ芝とか泣かされますた。
Commented by daikatoti at 2008-09-04 18:56
★weloveaiさん  よく覚えていていただいてありがとうございます。去年の4月ころでしたね。
Commented by daikatoti at 2008-09-04 19:01
★nobukouedaさん  もう職人さん達の活躍の場がありませんね。
今、ほとんど廃れてますかしらね。 機械化されてるようなことも聞きましたが。。あ、^^;書いてありますね。 もう印刷なんですね。 なるほど、色分けして型をつくることもないのか。
Commented by daikatoti at 2008-09-04 19:04
★tripperさん こないだは車のなんとかで、今日はテキスタイルですか^^ 花が扇風機はいいですね、今なら大ヒットかもですよ。
きっと、トレスの段階でちゃんとしたお花に修正されたんですよ。へたな図案もありましたよ。
Commented by daikatoti at 2008-09-04 19:11
★h-roseさん おひさです^^ 
なにか作ったりすることは、かなりエクスタシーなのか、満足感が強いですね。 ものは買ったときは嬉しいけど、すぐまた別のものがほしくなりますね。 最近どうなんですか、ブライスのお洋服?  
若い人たちのマニュアル漬け、困りますねぇ。
指示待ち属ともいいますねぇ。
私たちの時代は、皆、欲張りだったんですよ。
あら、おばさんにも困ってらっしゃる?
Commented by daikatoti at 2008-09-04 19:12
★oshibanayoshimiさん  (笑  様は止めていただきとうございます^^;

Commented by daikatoti at 2008-09-04 19:15
★Annkoさん  これね、布や紙じゃなく、フィルム状のものに描くんです。慣れるまで、同じ太さ、淀みない線を引くのはたいへんでした。
Commented by daikatoti at 2008-09-04 19:18
★LEさん  うんと拡大してトイレの壁なんかにするといい?
息の仕方は関係しますね、とにかく紙じゃなくフィルムに描くから
(アニメーションのセルみたいなの) そりゃあつるつる。
Commented by daikatoti at 2008-09-04 19:22
★motototさん  (抜かしてしもた、ごめん)
あんまし、クリエイティブとはいえん仕事でしたけどね。
仕事を説明するのも、たいへんだから省略するけど、motototさんの半分ぐらいの年数は続きました。
Commented by mototot at 2008-09-04 23:15 x
なんで辞めちゃったん、などと野暮なことは聞くまいて。(と、いうか墓穴を掘る)
姪が染色科で、小紋の下絵やステンシルみたいの作ってた。けど、職人にはならなかったわ。誰に似たのかしらん、根気がないとこ。
Commented by daikatoti at 2008-09-05 06:46
★motototさん 何で辞めたかは、ここで書ききれるかどうかわかりませんが、まぁ今の土地に引っ越したというのが大きい原因ですが、それ以前に、忙し過ぎてちょっとだけ体を壊したことがあって、それが、冬だったかな。ベットの中で、ふと、もう今年、桜がみられないんじゃないかな、なんて考えてると、これから先
これでいいんだろうか、と考えたんです。
仕事を辞めれば使えるお金はなくなるけど、お金で買えるものってつまんないなと悟ったんですよ。 まぁ、働かずとも暮らせるというのはナニのおかげで、文句をいっちゃいけないんだけどさ。。 
Commented by 魔女メグ at 2011-11-25 12:21 x
美しい線だなあ。
その昔、テキスタイル(生地)かじりました。
1日に2枚、新しい図柄をFM東京聞きながら描いていました、楽しかった、、、これを社長が売り歩く?
で、しんどかった!
さして、続きませなんだ。
Commented by daikatoti at 2011-11-26 06:36
★魔女メグさん いいお仕事だったじゃありませんか。出来れば私もそっちのほうがやりたかったですよ。
これ長く続いたんですよ。すぐに覚えられてすぐに出来る仕事だったらすぐ辞めてたかも知れないけど、この線が描けるまで、ホント苦労しました。出来ないから辞めなかったんだろうと思います。出来なくて辞めるのくやしいから。
名前
URL
削除用パスワード