人気ブログランキング |

名古屋 栄

d0101846_7481345.jpg


もう、終ってしまいましたが、先日こういう方の茶陶展なるものを観てきました。
感想は特にありませんが、書も展示してあったのですが、おだやかな、争い事など決して好まぬお方、というふうにみえる字でありました。
あ、この方、元首相の細川護煕さまです。

昨夜も、ニュース番組に今度の総裁選候補がずらっとでておられましたが、なにやら、言葉がわかりにくい方ばかりですね。何をおっしゃっているのかよくわかりません。小池さんは、その点すごくわかりやすいし、気が強そう。

ひさしぶ〜りの外出、他にはこういうところも

d0101846_8283388.jpg




ここは、名古屋 栄 雑貨店 ティザーヌ・インフュージョンというお店。
一階が花屋さんの細長いビルのてっぺんにある不思議な雑貨屋さんでした。

d0101846_8331495.jpg


d0101846_835385.jpg


d0101846_836053.jpg

by daikatoti | 2008-09-11 08:34 | 名所案内 | Comments(22)
Commented by optimistic-pi at 2008-09-11 08:58
ひとつひとつじっくり見ました
お財布の紐をしっかり閉じて見学に出かけることにいたしましょう
来月 所要で訪名古屋
Commented by daikatoti at 2008-09-11 09:09
★piさん ホームページはこちらでhttp://www.flower-noritake.com/html/tisane_home.htm
かわいいワンちゃんもごらんのように走ってましたよ。
Commented by mototot at 2008-09-11 14:22 x
最初は、どこの桶屋の職人さんかと思ったら、殿。
一心不乱な感じがいいですね。
Commented by Annko at 2008-09-11 19:28 x
最近はこういうとこあんまり行かなくなったのですが、雑貨屋さんというよりはアンティークショップといった雰囲気のお店に見えます。
不思議な感じで、何が出てくるのか、ちょっと、わくわくするようなお店ですね。
Commented by nabetsuma at 2008-09-11 19:34
いぬのおまわりさんがいるみたいやね〜

巡回中〜〜
Commented by nabetsuma at 2008-09-11 19:35
あ、同じような藤のカゴ、もってる〜
飴色になったやつ・・
Commented by ねこママ at 2008-09-11 20:07 x
細川どんは(どん???)週刊文春に「中国 詩心を旅する」というタイトルでエッセィを連載中で、第3回では王義之のことを書いてます。
ちなみに細川氏自身は今でこそ書をたしなんでおられるけれど、子供の頃は嫌いであったそうな。

しかし、「争い事など決して好まぬお方、というふうにみえる字」
ってどんなんだろう???
思い浮かぶのは良寛さんの字なのですけどね。
Commented by daikatoti at 2008-09-11 20:27
★motototさん 殿の焼き物は微妙ですね。 確かにうまいんだけど、なにか微妙。うまいけど、値段もすごかったり、会場も某有名デパートの特別室使用、(只だったのがうれしいが) も微妙なところ、なんともいいようがありませんわ。

Commented by daikatoti at 2008-09-11 20:30
★Annkoさん そうですね、アンティークが多かったかな。手作りの作家さんものもあったかな。 お近くのようですから、機会があれば一見の価値有り。 ボールは見当たりませんでしたけどね^^
Commented by daikatoti at 2008-09-11 20:32
★nabetsumaさん そうなんよ、いきなり黒いものが現れたのでびっくりしたけど、まぁこんにちわと挨拶しときましたわ。しかたないのでね。犬のほうも、こいつは犬嫌いやなと直ぐ見抜くのよね、いやな顔しとった。
Commented by daikatoti at 2008-09-11 20:33
★nabetsumaさん  あら、ええやないの。
Commented by daikatoti at 2008-09-11 20:36
★ねこママさん  ふむ、良寛さんね、調べましたわどんな字か。
ひったんこです。ああいうタイプのぽわ〜っとした字です。
まぁ政治家は嫌だったんでしょうね。
そうですか、エッセイもでてますか、それは読まないけませんわ。
Commented by mican-lingo at 2008-09-11 21:34
殿様もいらしてたんですか?
しかしなぁ、殿には関係ないかもしれないけど
近頃の投げ出し症候群ね・・・
Commented by Nicole-ay at 2008-09-11 22:38
殿様の焼き物はね、偉い先生の手ほどきを受けて、偉い先生と同じ土を使ってはるんよ。だからそれなり。微妙って感じわかるわぁ^^;お値段には、かなり有名税がプラスされてるのんやと思うわ。(あたしのコメにしては、ちょっと辛口?)
Commented by oshibanayoshimi at 2008-09-11 22:51
このお殿様、熊本県知事時代は、細川ガラシャのお墓の有る,自然公園の中の、ビックリするようなお屋敷に住んでおられました。奥方が、そこで、ファッションショー等、催されたり、とにかく、一般大衆とはかけ離れたお方でしたょ。今は焼き物三昧ですか・・・・・
Commented by daikatoti at 2008-09-12 07:11
★mican-lingoさん  初日には殿様もいらしてたそうなのですが、情報見落としました。残念。
殿は投げ出しの元祖かもしれませんね。 殿はこういうことやってるのがお似合いで、今の世襲の方達も、ありゃぁ、あきませんで。。 やっぱり、おぼっちゃまはおぼっちゃまに向いたところで活躍してもらわなねぇ。下々のことなど想像もつかないんですよ、きっと、あの方達。
Commented by daikatoti at 2008-09-12 07:15
★Nicoleさん そのとおりやわ。そこが微妙というとこやね。
定年退職して陶芸を始めたひとにしては、すごく巧いし、けど、背筋にずずっとくるほどでもないし、、まぁ、これから先でしょうね、期待したいは、殿の真骨頂。 ごはんのしたくなど誰がやってるんだろう?
Commented by カラクチオバサン at 2008-09-12 07:20 x
陶芸は殿さま向きのお仕事なのでしょう。。。
若さまも陶芸の道に入られて
こんな楽な生き方はないとお思いでしょう。
下々のことがわからないお方が政治の道に入られても困りますから。
Commented by daikatoti at 2008-09-12 07:21
★oshibanayoshimiさん  熊本でしたね^^ 一般大衆からかけ離れてるから、この細川さんにしても、白州次郎、白州正子、その一代では決して培えない文化というものに、今みんなが憧れをもってみているんじゃないでしょうかね。 今やっぱり、こういうかたが表に出てきてもらって、この混沌とした世の中に一石を投じてもらわないと、黄色い三階建ての家に石(もどき)を貼付けたような家の横にみどりの家が平気で立ち並ぶような日本になってしまいますZE.

Commented by daikatoti at 2008-09-12 07:28
★カラクチオバサンさん  いや、そういうふうにいってしまうと身も蓋ものうなりますがな。 陶芸は決して殿様向きの仕事ということもないとおもいますよ。 まぁ、お仕事場もスタイリッシュな建築で、一般とはまた違いますが、ある種、ライフスタイルを提供されたというだけでも、よかったんじゃないでしょうか。エッセイなども出てるようなので、やはり400年以上の歴史のあるお家柄のかたの一般大衆とはちょっと違う世界を垣間みてみとうおます。
Commented by min_y at 2008-09-12 11:13
このお店、私の好みのものがいっぱいありそうです。犬もいるし(笑)
名古屋へ行くことがあったら、EKちゃんおすすめのお店とここは必ず立ち寄らなくちゃ。

それと、↓ の折り紙ポーチ、形も面白いけど色使いが綺麗でいいですね。
布絵だけじゃなく、こういうものも「糸巻きパレット」って言葉がぴったりですね♪ 
Commented by daikatoti at 2008-09-13 07:59
★min-yさん 犬好きの人にはたまりませんよね^^
ふううん、EKちゃんおススメの店ってどこやろ。
折り紙ポーチは、ほんとにゴミみたいな大きさのキレを繋ぎ合わせてあるんです。大きいキレは捨てるくせに、小さいキレだけ大事に取って置いたりしてね。裏に合わせるキレによって、表情がかわりますね。
名前
URL
削除用パスワード