人気ブログランキング |

マッチ一本火事のもと〜金曜日はマッチの日

d0101846_832428.jpg

タイムリーに資生堂石鹸の宣伝マッチ。
日本で石鹸が普及したのはいつごろだろう。
by daikatoti | 2008-12-05 08:06 | マッチラベル | Comments(8)
Commented by mototot at 2008-12-05 09:34 x
資生堂のロゴマークはこの頃から決まってたんね。誰が作ったのか。
椿のデザインもいいし、2色の配色もセンスいい!
Commented by daikatoti at 2008-12-05 10:02
★motototさん  この椿のマークはよろしいね。
1970年ころには、この椿のマークちょっとダサく見えたんだけども、今、こういう日本的なものが、やっと見直される時期にきたんやね。
Commented by mican-lingo at 2008-12-05 15:14
このマークの形の石けんがありましたね。
5個くらいがセロファンに包んであったような。
いまでもあるのかな?
どの企業も社名やロゴを替える中で残したのって好きですわ。
Commented by daikatoti at 2008-12-05 17:06
★micam-lingoさん ありましたねぇ。 このマークのついた資生堂パーラーのクッキーの缶が、前から欲しいのであります。
津村順天堂なんてそのままにしとけばよかったのにね、ツムラでは軽いよね。
Commented by mamaさん at 2008-12-05 18:38 x
このマークには由来がありまして、当時の社長が〇かけのおうちの洗面器(たしか・・)に浮かべられてた椿の花をみて思いついたそうですわ。本に書いてた。
Commented by daikatoti at 2008-12-06 08:11
★mamaさん  そうなんですか! 色っぽいはなしですね。
その○かけさん、きっと、とびっきりの美形だったような気がいたします。
Commented by mamaさん at 2008-12-06 17:11 x
うん、それに細やかな神経の持ち主やったんやねぇ?
顔洗う洗面器に椿の花一輪浮かべるなんて妻ならせんわ(笑)
Commented by daikatoti at 2008-12-06 19:37
★mamaさん ほんまですわ、だれがします?そんなこと(ホホ)
名前
URL
削除用パスワード