人気ブログランキング |

クリスマスシーズンでんなぁ

d0101846_7381460.jpg

雪をかぶった教会。厚いコートをきてお参り(?)に行く人々。
なぁんか、なつかしい気がするのは、やはり、前世にフランスあたりにいたのであろうか。  
なぁんてこと言ってるが、自分も前世のことを考えた時期があって、私の場合、前世は騎士であったとか、そういうカッコいい話ではないのだが、ひょっとしてこの人の生まれ変わりやないだろうか、という思いがあるのだ。

それはぢつにプライベートなことだが、私の祖父の妹に、その名も「やちさん」という、いかず後家で約40代で寿命をまっとうした大叔母がいたらしい。当然私は見たこともないのだが、どうもひょっとしてその人の生まれ変わりではないかと勝手におもっているのだ。 そう思う根拠は、まず、私が猫好きであること。この大叔母もたいへんな猫好きだったそうな。子供の頃、猫をかわいがっていると、祖母や叔母が、「よう似てるなぁ、やちさんに」とかいって影で笑っていたのだ。
明治、大正の風俗を描いた竹久夢二なんかの絵にやたら懐かしさを感じたりするのも怪しい。 この大叔母は水辺に住んでいたのだが、私も水辺が大好きである。
そのくせ、雨がきらいで、こわいのである。 この大叔母は明治の中期にあった琵琶湖の大洪水で家を失っているのだ。

そんな、なんやかんやで、どうもこのひとの生まれ変わりではなかろうかとおもっているという、つまらん雑談でありました。
by daikatoti | 2008-12-08 07:55 | 今日の美しいもの | Comments(16)
Commented by totiさんとyatiさん at 2008-12-08 08:32 x
totiさんというのはペンネームですよね。
そうするとyatiさんと言う響きに似ているようにつけられたのかしら。
生まれ変わりってありそうな気がしますね。
刺繍の屏風アップしました。
グレイ一色で作られたのかと思ったら微妙に違う何色もの色を使ってありました。
Commented by LE at 2008-12-08 08:50 x
琵琶湖が嫌いだったら、なおさら余計、可能性ありですね?
Commented by ころん at 2008-12-08 08:57 x
おはようございます^^
前世じゃなくて来世ですけど、次男が
「お母さん、死んだらきっと俺の子供で産まれてくるよ」と
マジ顔で言ったの思い出しました(笑)
↓白紙の手帳、いいですね。
何かその日に浮かんだアイデアとか書き込みたい!!
Commented by mototot at 2008-12-08 09:50 x
なんか初めて会った気がしない人なんかは、前世ご縁があったかも、と思うことあり。 逆に、今の上司。 同僚の前世なんて言いそうもないおっさんから 「前世はハブとマングースだったんでしょ」 と言われるくらい・・・。
Commented by 今年も毎日楽しませて頂いた者 at 2008-12-08 11:52 x
そろそろ 坂道を登って 浮世離れは いかがでしょう。。。
Commented by daikatoti at 2008-12-08 16:38
★つつじさん  気が付きませんでした!似てますね、totiとyati。
なんとなく「ち」の響きが心地よかったのもそのせいでしょうかねぇ。 先ほど伺ってきました。コメントちゃんと入ってましたね。よかった。
Commented by daikatoti at 2008-12-08 16:42
★LEさん 嫌いなのは雨のほうに傾いたようであります。大雨が降るとなぁんだか不安なんです。http://daikatoti.exblog.jp/8259449/
この辺りに住んでいたらしいんですけど、毎日うみを見ながら暮らしていたんだとおもうのです。この景色も好きなのです。
なんといっても、LEさんの前世に比べると迫力がありません^^
Commented by Kmama at 2008-12-08 16:44 x
totiさん,こんにちは。

ほんとそういうのありますね。私は、totiさんのようには具体的ではないのですが、昔々の若い頃から前世はアメリカの田舎町で育ったんじゃないかと・・・。大草原の小さな家などの風景や家や道具や家具やパッチワーク等がとっても懐かしく感じてしかたありません。↓のマイブック、ほんとにいいですね~♪
Commented by daikatoti at 2008-12-08 16:46
★ころんさん いいボクちゃんですね(笑  それ信じていると、お母さんも心おだやか、ボクちゃんも心おだやかで、いいんじゃないでしょうかねぇ。 あるのかないのかわからん前世と来世ですが、そういうふうに夢想するというのは悪いことじゃ無いような気がする。
Commented by daikatoti at 2008-12-08 16:48
★motototさん うん、初めて行った場所なのに、初めてではないような気のする場所ってのはあるなぁ。
「へびとマングース」ですか(笑  ご愁傷さまでやんすーー;
Commented by daikatoti at 2008-12-08 16:50
★今年も毎日楽しませて頂いた者さん
はて?どなたでありましたろう??
坂道はきらいどす。
Commented by daikatoti at 2008-12-08 16:55
★Kmamaさん なるほど、カントリー好きの人は、そういうルーツがあるのかもしれませんね。 なんだかわからないけど懐かしいというのありますものね。 マイブック、今の時期しか売っていません。 今年はカレンダーを買い忘れてしまったんですよ。
Commented by Nicole-ay at 2008-12-08 23:13
こんばんわ^^「お参り」。。。やっぱ「礼拝」かな^^?無宗教だけど(我が家は仏教、でも困った時は神様、仏様、キリスト様です^^;)クリスマスには教会のミサに行きたくなる、ミーハーのあたしです。わたしは今度生まれ変わったら飼い猫になりたいと切に思っとります^^v
Commented by daikatoti at 2008-12-09 07:19
★Nicoleさん その「礼拝」とか「お祈り」とかいう言葉がでてこんかったであります^^;
あ〜、思いおこせば、ワタクシも、はたちくらいのクリスマスイブに、教会に行ったミーハーでございまする。
運良く飼い猫になったら、もう極楽三昧ですね。間違ってもノラにはなりとうないけど。
Commented by gyuopera at 2008-12-09 20:29
血のつながりがあると、性格や容姿が似ていることってよくありますね。
私の姉も、父の妹(叔母)にとてもよく似ています。
今ではこういう絵柄のクリスマスカードを買おうとは思わないけれど、古いこういうカードを見ると、懐かしくてとてもいいですね。自分が経験してないことでも懐かしく感じる、これやっぱり前世の記憶の一部でしょうか?
Commented by daikatoti at 2008-12-10 07:38
★gyuさん 叔父、叔母に似る事ってよくありますね。
こういう絵柄、昔の少女雑誌とか物語の挿絵とかでみたんでしょうかねぇ。なんだか懐かし感があります。

宿り木は、日本にもありますが、今の所、花やなどではみかけたことがありません。 よく捜せばあるかも。見つけたら買って、種を樹にこすりつけておきましょう^^ ヨーロッパの樹にはいっぱい宿り木ついてますね。
名前
URL
削除用パスワード