人気ブログランキング |

布絵〜薔薇の小枝

d0101846_7481062.jpg

昨日は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」というDVDを観た。
ダニエル・ディ・ルイス主演の前世紀初頭の石油発掘にからむ話でありました。

思えば、石油が暮らしの中に普通に入り込んだのはたった百年前なんですね。
その石油もあとどのくらい保つのか、と思いますると、この石油を中心にした文明の括りももうすでに見え始めておりますねぇ。

わたしらの世代、子供の頃の生活と今の生活と、こんなにギャップのある世代、というのも人類史上初めてのことやないかしらね。 なんし、子供の頃は牛を引いた農家の人が肥えを汲みにきていた時代だもの。
この50年間はいってみれば、人類史上一塊のコブのような特殊な時代であったと総括されるかもしれない、という意見に頷く。
by daikatoti | 2009-01-04 08:04 | 布絵 | Comments(10)
Commented by tripper_01 at 2009-01-04 08:41
咄嗟にじゃじゃ馬億万長者、を思い出し、ついでに三バカ大将、ぁ、アルファルファが出てくるのは何だっけ..
Commented by mototot at 2009-01-04 09:01 x
そうやねねぇ。その前は何百年と、少なくとも庶民の暮らしはそんなにかわらなかったろうし。 こないだ思ったんは、ほんの2代3代上は、街中で刀持った人がうじゃうじゃ居たんやな、と。
三バカ大将好きでおました。
Commented by mamaさん at 2009-01-04 09:08 x
人類の驕りに警鐘を鳴らす経済危機かもしれんねぇ。
もう少し足元をみて暮らせ、と。
地球を食いつぶしてしか生活できないのはもう限界かも。
Commented by mican-lingo at 2009-01-04 09:54
謹賀新年であります。
昨日のような緻密な絵の上に
本日のようなかあいらしいバラがつくられるのね
と、ひとりでうなづいてます(^ ^)
Commented by daikatoti at 2009-01-04 19:56
★tripperさん 石油発掘というとドタバタ喜劇を連想しますが、これは随分とシリアスな、ダニエルデイルイスの一人芝居かと思う程の演技力、100年前はつるはしとバケツで石油掘ってたんですね。 もう一回観てみよう。

そういえば、アルファルファというもやしがあったけど、最近見かけませんね。
Commented by daikatoti at 2009-01-04 19:59
★motototさん  何百年同じような生活続けてた人類、50年で大変貌。 ほんとや、三代前はちょんまげ結うてたんやもんね^^
こんなパソコン触ってるなんて、夢にも思わんかったなぁ、、30年前。
Commented by daikatoti at 2009-01-04 20:02
★mamaさん 石油がなくなってきたら、プラスチックもなくなるし、またお墓の花筒は青竹になるかしらね^^ もう限界ですなぁ、もっと違う暮らし方があるはず。
Commented by daikatoti at 2009-01-04 20:05
★mican-lingoさん  まさに謹賀新年^^;
そうでおます。きっちりしたとこから、どんどん壊すというのが
理想であります。 なかなかこわせんけど。。眼がもっと悪くなると、もっと開放されたものがかけるかも。
本年もよろしく。
Commented by Kmama at 2009-01-04 20:38 x
totiさん。こんにちは。
喪中の為、新年のご挨拶出来ないで申し訳ありません。
とっても素敵な薔薇の布絵ですねーーー(@^0^@)渋いお色もいいですねえ♪私の子供の頃も、近所のお馬さんがば○んを落としながら歩いてたっけ。
tripper_01さんが、とっても懐かしい話題を・・・。ああー懐かしい。アルファルファ!!!いっつも楽しみに観てましたよー!!ちびっこギャング!!面白かったな~。
石油は数億年前の生物の化石が、長~い時間を掛けて起こった化学変化によって出来た化石燃料、不思議だなあー。 後、40年で枯れてしまうだろう説がありますが、いかがなものか。祖母は、只今103歳で健在ですが、私の40年後はどうなのであろうかな。
Commented by daikatoti at 2009-01-05 08:18
★Kmamaさん 本年もよろしく。
おや、牛じゃなく馬ですか^^?ロバのパン屋なんてのがあってロバも歩いていたこと思い出しました。 ちびっ子ギャングでしたか^^アルファルファ^^そうそう、そういえばそんなのがありましたね。
石油は不思議ですね。どうして生物の化石がそうなるのだろうというのも不思議だし、こんなにたくさん産出されたというのも不思議、でももう底をついてるんですよね。 
103歳のおばあさまとはまた!長生きされているのですね!
名前
URL
削除用パスワード