人気ブログランキング |

2008年 05月 26日 ( 1 )

d0101846_604288.jpg

今日はやや、年寄り臭いお話。 団塊世代の最後にくっついて走ってきたワタクシも、そろそろ年金のことなど気にしなけれがいけない時期になってまいりました。
なにやら「ねんきん特別便」というのがくるとは聞いているが、まだ音沙汰なし。
どうなっているやらさっぱりわからん。そこで、パソコンで、年金加入記録というのを調べられるようなので、しらべてみた。 まず、IDを取得することから始まる。それが社会保険庁から郵送で送られてくるまで2週間を要する。それがやっと送られてきた。

一番気になっていたのは、
あ、その前にこの画像の古いノートなのだが、これは昔ある種の職人仕事をしていた時の、控えのノートで、今月はどういう仕事をしたのか、などが書いてある。
この仕事、出来高制だったので、厚生年金には入っていなかったと思っていたのが、この前、ひょんなことから、この当時の給料明細書が出てきて、それを見ると、ちゃんと保険料が支払われている。 それで、このことが、本当に年金の記録に記入されているかどうかが気になっていたのだ。

結果は、ちゃんと記載されていて、この厚生年金部分というのは、60歳から出るらしい。 で、いくら出るのかということは、また別のお尋ねをしないと出て来ないらしい。 どうも年金の計算というのは、物価スライドなどがあって素人では簡単には算出できないようだ。
とにかく、もらえると思っていなかったものが、頂けるようなので、わずかだけどいい知らせ。