人気ブログランキング |

2008年 12月 03日 ( 1 )

d0101846_705143.jpg

途中経過がでていましたが、できあがってます。

※   ※
ゴミを捨てに行ったら、前をおじさんが歩いてる。
おじさんは、病気の後遺症で足が不便。
おじさんもゴミを捨てに行くところだ。
「おはようございます」と挨拶すると、気持ちのよいご返事が返ってくる。
おじさんのゴミはほんの小さな袋一つだ。
ついでにゴミ捨て場まで持っていってあげたってぜんぜん構わない。
でも、おじさんは、ゆっくりではあっても、自分でゴミを捨てにいけるのだ。
ゴミを捨てに行くということが一つの仕事なのかもしれない。
人の10倍かかっても、ゴミを捨てに行った、という事実は、他の人とかわらない。
若い頃なら、お節介をしたかもしれないが、今はゴミを捨てに行くおじさんを応援する。

図案です