人気ブログランキング |

2008年 12月 14日 ( 1 )

d0101846_713015.jpg

これはこちらで買ってきた、ハンガリーの古いお札です。まるで美術品のようにきれいですね。紙質もいまのものとは比べられない程豪華。バックスキンのような手触りがいたします。

ところがですね、このお札というもの、なんだか最近解せんのです。ことの発端は、自分ちがほとんど現金というものを使用せず、ほとんどが銀行決済というやり方をしているものだから、このお札というものをあんまし手にすることなく暮らしているわけです。
今、ほとんどの世帯お給料は銀行振込ですよね。なんとなくみんなが似たり寄ったりの事じゃなかろうかとおもうのですが、お札って、ほんとに今世の中に出回ってるだけの額面あるの? 変事が起きて、みな一斉に預金を引き出したら、お札はちゃんとあるの?という疑問が出てきた訳です。

う〜ん、おばさん、さっぱりわからんのよ、お金って、なんかどんどん印刷してるの?
世の中に出回るお金の額ってどうやって決まるの?

今、銀行では、犯罪予防という名目で、一日一定額のお金しか引き出せないようになってるけど、あれは、銀行側のなんらかの陰謀のようなきがするのだが。。

あ、昨夜の三億円事件のテレビはおもしろかったっす。