人気ブログランキング |

2009年 08月 17日 ( 1 )

d0101846_6105755.jpg

このところのお楽しみは、縁側に置いた水槽の中の金魚をみることであります。
この金魚、今年4月に池で飼ってる金魚が産卵し、それを孵化させたものであります。
ようやっと鮒のような色から赤い色に変わってきて、それが、今年は親の素性がよかったものでいろんなまだら模様があらわれ目を楽しませてくれる。
大きさはちょうど熱帯魚のネオンテトラくらいで、ごく小さい。できれば大きくならずに、この大きさで留まっていてくれるほうがありがたい。

金魚の仲間である鯉は上手く育てると百年でも生きると聞いて驚いたものである。
なぜ、長生きなのかという理由が面白かった。鯉は他の魚に比べて動きがゆっくりでセカセカしていない。仲間同士争うようなこともなく、従ってストレスがないというのが長生きの理由だそうだ。
いい加減な記憶で怪しい話だが、ゆったりと泳ぐ金魚をみていると、それもあるだろうと納得。