人気ブログランキング |

2011年 03月 27日 ( 1 )

d0101846_865628.jpg

学者のセンセイというのは賢い人で、学者のセンセイのいうことは皆正しいと、なんとなく思っておりました。阪神大震災が起こるまでは。

阪神淡路大震災が起こる少し前、カリフォルニアで大きな地震があって、高速道路が壊れていてびっくりした。テレビで学者のセンセイが「日本ではこういうことは絶対おこりません」といったが、
阪神淡路で、高速道路がぽっきり折れていた。
その時、遅まきながら、学者の言ってることなどは信用できんものだと知る。

結局、机の上で計算して難しいことをこねくり回して出来た理論はもしかして正しいかもしれないが、いざ実際に作ったり使ったりしていくうちに、様々初歩的、人間臭いミスが重なっていくのだ。

いったい今、30キロ以内は避難勧告が出ている場所の中心で作業に当たっている、聞くところによる50人ほどの作業員の方々は、どこで寝て、どう食事をしているのだろう。
被ばく事故も起きている。建屋がふっとんだ時確か最初3人の作業員が怪我をしたと報道があり、次の爆発の時も数人負傷者が出たと聞いたが、その後その人達はどうなったのか。被ばくはしていないのか?

私なら神経が保ちそうにない。