人気ブログランキング |

2012年 01月 06日 ( 1 )

d0101846_741454.jpg

年末に飲み干した濁り酒の瓶に布をかぶせてなにやら制作中。
どういうものが出来上がるのか、こういうものを作る時にはっきりした構想があるわけではない。
やりながら考える、いわば、行き当たりばったりなのである。
私の作るものに、型紙とかはほとんど存在しない。
こういうものの発想というのがどういうところから出て、
思考の回路がどうなって出来ていくのかを追求するとおもしろいかもしれない。

それは多分、記憶というのがおおいに関係していると思う。
まったく何もない所からものを考え出すというのは、そうできるものではない。
世の中に散らばっているヒントが、ことあるごとによみがえりそれが繫がっていく。
だから、ものを作り出す時には、ある程度の記憶力というのは必要かもしれない。

ま、ぶっちゃけた話、何もかもがパクリなのかもしれない。この話もパクリっぽい^^。