人気ブログランキング |

2013年 05月 01日 ( 1 )

d0101846_7175847.jpg

相変わらず一日のうちに冬と夏が同居している複雑な日々であります。晴天、かな?な天気。

「美の壷」というテレビの番組がありまして、時々観るのです。
時々というのは、いったい何曜日の何時からやっているのか、放送時間が番組編成で変わったりするとさっぱり把握できなくて、たまたま観る、ということになっています。

番組進行係を谷啓さん亡きあと、草刈正雄さんがやっているのですが、一回の放送中に必ず「妻が、どうした」「妻がこうした、ああした」というセリフが出てきます。
なにか、とても奥さんを大事にしている設定のようで、アラ還世代の私など、どうも一種、違和感を感じてしまって妙な感じがしていたのです。

しかし、周りをよーく見回してみるとですね、今の40代以降の人達ってのはあれが夫婦のあり方としてトレンドなんですね。
確証はありませんが、どうも見聞きする所そのようです。
あの番組自体、多分その世代をターゲットにしているようなので納得のいくところでもあります。

おおかたのところ「妻が」「妻が」と妻を大事に持ち上げているのですね。
ふむ、時代はそういうふうになってきているのだなと、いろいろ複雑な気持。