人気ブログランキング |

2014年 05月 27日 ( 1 )

d0101846_5251893.jpg

右目の下に大きな針金の様な飛蚊が現れてずっと消えない、そして右端がチカチカ光る事がある、
不安になってきて医者に行ってきた。
無愛想な眼医者は「老化です」「老化です」「老化です」と三べんほどつぶやいてあと機械による検査で終りである。
「急にパタッとシャッターが下りるように目が見えなくなるなんてことないでしょうね?」と問うも「そんなことない」という無愛想な返事。で、まぁ一安心はしているのだが、
この針金とずっとお友だちでいなければならない予感。
慣れるより方法がないような気もする。二週間後にまた来いというのでまた行ってみよう。

目が使えないとなると、たいへん暇である。
こんな時期だし草とりでもすればよいかな。
せいぜい、この機会に第三の目が開くよう松果体を鍛えよう。