人気ブログランキング |

2014年 06月 07日 ( 1 )

d0101846_622627.jpg

梅雨時らしいどんより天気で朝からまぶたが垂れ気味。
頭の回転も悪いかんじ。

そんな折りではありますが、先日の「アナと雪の女王」ネタで、あ、同じこと考えてた人がいる、と、ちょっと嬉しかったのでそのお話を。

松たか子さん歌う「レット・イット・ゴー」なんですが、これの日本語の歌詞と字幕版の訳を比べると、どーも意味が違うなぁって思ってたのね。日本語版のほうがいいの。

それとね、この映画世界25カ国で吹き替えられてるらしく、25カ国の言葉で切り貼り合成したバージョンが動画で出ていてね、それを聞いたとき、気のせいなのかしれないけど、日本語だけ異質な言葉だって思ったのね。
他の国の言葉はオバさんの場合全部同じに聞こえるのよ(苦笑
アナと雪の女王25ヶ国バージョン
それは例えば万国旗の中にある日の丸国旗みたいな感じでね、似たものは一つもないってふう?

それでね、その25カ国バージョンを聞いてる外国の人が日本語が一番いいって言ってくれる人も大勢いるんだって。
なんだかこれ、うれしいじゃない? やったね、松たか子さん。

それでね、眠いのでリンク付けて丸投げしちゃうけど、

日本語に秘められた謎:「NWOvs日本」と「超古代世界語は日本語だった」

これによくまとめられてるので、是非ご一読を。

そうそう、竹内文書とかの世界だけどね。
すごいよね、まんざら出鱈目でもないよ、これ。文字がすごいじゃない。
歌詞の比較なんかもとっても面白い。
この歌は、トラウマなんか踏み越えて行くわ、私! っていう元気の出る歌なんだけど、
英語版の訳は、まさにNWOの心境ってとこかな^^。なんだか元気ないじゃんって感じたものね。