人気ブログランキング |

2014年 06月 18日 ( 1 )

d0101846_06272374.jpg

目覚め思わしくない朝。どんより曇っているせいかな。足の裏が痛い。

さてこのところ洋裁ばっかりですが、これまでは4つぐらいのパターンで同じのばっかり縫っておったのです。
それも適当な縫い方、裁ち方で。
それで、ロックミシンを持っていないもので裏の縫い代の始末を三つ折りにして(片側短く切り落として)縫ってたんですが、それがどうもきれいにいかないのが気になっておりました。

それで、ふと気が付くとミシンの台に、なにやら線が引いてある。
あ〜、この線に合わせて縫えば幅がずっと同じに間違いなく縫えるのかと、はい、今頃気が付くのでありました。
そしてね、この布の切り口すぱっときれいでしょう?
すごい道具買いましてん。後で画像上げようかな、ものすごい怖い円型のカッターですねん。

それでですね、こういうことは言い出したらキリがないのですが、型紙の写し方とか、今すごくテキトーですねん。
ちゃんと習いに行けばこういうことはないのだろうけど、習い事というのが3ヶ月以上続きませんねん。
多分ものすごく熱中してやるもんだから、週に一回とか一ヶ月に2回のお稽古、というの待てませんねん。
洋裁も遠い昔3ヶ月習いましたか。。

そんなんですが、どうせやるなら、きれいに仕立てたいなと思うております。
その為の技法を蒐集するぞ、とはりきっております。

ロックミシンあったほうがいいのかなぁ、3万円台のでもあるけど、どうなんだろう。使いこなせるのか。
でもなぁ、洋裁師になるわけでもないし、自分の着る服作れればそれでいいしねぇ。
最終的には手縫いでも作れるというところに落ち着きたい。

d0101846_10441594.jpg

これが、怖いように切れる ロータリー・カッター というもの。
検索画像見て、あれっ、定規当てて切れるんや、と気が付くおまぬけぶり。
けど、これで手切ったらたいへんなことになるわ〜。
紙も切れるんやね。テーブル直ではテーブルも切れるから台が必要です。真ん中にあるボタンをスライドすると刃がすっと出るようになってますよ。

あ、型紙って縫い代分も入れて切っておいたほうがいいのかな?
細かいことにいろいろ疑問が出てくるな。
丁寧にするには、切り躾?とかやった記憶。 んだけど、めんどうだからポイントだけ鉛筆で印つけて裁断してる。