人気ブログランキング |

2015年 05月 10日 ( 1 )

5月10日  日  晴れ   旧暦 3月22日
衣食住手作り化プロジェクト / 樹海を制覇_d0101846_07284064.jpg
こゝろ無しか、自分の服を手作りする人がじわじわと増えているような気がしてきましたが? 気のせいでしょうか。

洋服の本を見ると、こういう型紙が付録として付いているのですが、洋裁なんてムリと思い込んでいた時代は、この型紙をちらっと見るだけで、ぞぞぞz、とてもムリ、ムリ、とドン引きしていたのですが、
やってみると、そうでもなかったのです。

まず、型紙を写すためのペーパーが市販されているのですね。
これを買わないと難しいでしょう。
生地屋さんや手芸用品やさんで売ってます。
百均でもこの大きさの紙は売っていますが、この折り目が付いていることで、使った後折り畳んで仕舞うことが出来ますので、手芸店の方がいいです。何枚か入って300円くらいです。

そして、使いたい型紙の上を色鉛筆でざっとなぞります。
それから写し取ると簡単。
そして、洋裁ド素人の私は、所々付いているまち針マークのようなの、これは何かしらね、と、分らないものだから無視してたんですけど、
後にブログ仲間の方の記事で、これは合い印と言って、この場所の縫い代部分を少しだけハサミでちょきっと切っておいて印をつけ、
例えば袖付けなんかも、この印さえ合わせれば、過不足なく身頃とお袖がくっつく、ということを知ったのでありますよ。あはは。
だから合い印はしっかり写し取っておくことがだいぢ。

こういうふうですので小物のポーチだとか袋物が作れる人は,洋服もぜったい作れます。