人気ブログランキング |

2015年 08月 05日 ( 1 )

8月5日  水  晴れ    旧暦 6月21日
d0101846_07365639.jpg
茗荷は裏畑にたくさん自生している。条件がいいのかどんどん広がる。

たくさん取れるのだが、ご存知かどうか、、茗荷というのは、草が生い茂った根元の土の上に出る。
1メートルほどにぎっしり茂ったミョウガの葉をかき分けるのが嫌で、毎年もったいないことをしている。

今年は孫二クンにあらかじめ、茗荷というのはこういうところに成るんだよ、と教えておいた。
私は草カブレを恐れて、おっかなびっくりだが、孫二くんは、わわwと、草むらにもぐっていって茗荷を見つける。

それで、きのう糠漬けにするのに茗荷が欲しかったので、孫二くんに茗荷を5個取って来てと命じると、ちゃちゃっと取って来てくれて、おまけに脱皮したバッタの抜け殻と,カマキリの抜け殻も見つけてくる。

キャベツと茗荷の糠漬け、酸っぱみが少し出たくらいのを刻んで食べると、乳酸菌の力か、元気が出る。

最近食べて元気が出る食品と、食べると元気が無くなる食品、感覚を研ぎすまして、何が自分に合った食品か見分けて、体を軽く保つようにしようと思っている。

瓜の酒粕に漬けたのは常食して、冬まで保たないかもしれないが、あれはいい食品です。
酒粕の力はすごい。