人気ブログランキング |

2016年 02月 06日 ( 1 )

2月6日  土  曇り     旧暦 12月28日
d0101846_07224800.jpg
d0101846_07222781.jpg
65さいのお誕生日が近づいてくると、いろんな通信物がやってくる。
昨日は介護保険の受給者証が送られてきたぞなもし。
わらっちゃうね、晴れて老人の仲間入りよ。
おまけに保険料が増額されるらしい。フン!

それで、日本年金機構からも通信物が届いた。
上記のコピーがそれだが、とにかくコイツら(アラ失礼)の作成する文章というのは、わざと解りにくくしているとしか思えない難解な表現で書かれている。
この文章の要点をよーく考えてみると、65に成った時点で、もう一度年金の請求をやり直してくれ、ってことらしい。
ならそれで、「年金を受け取る事は出来なくなります」なぁんて、ちょっとドキッとするような表現はいるのか?
だいたい、「特別支給の老齢厚生年金」って表現が難解。
私の年代の人は60才から厚生年金は受け取れる事になっているのだ。
それをなんだか特別に支給してやってる、ってな感じの表現。

どんな人にでも解りやすい文を作るなぁんて気はサラサラないらしい。
おまけに切手はこちら持ちだそうだ。

そして、小学校の同窓会の通知まで来ている。
後でいやぁな気分になることは分り切っているが、沸き上がる好奇心にどうしても負けてしまって、断る事ができないでいる。