2018年 02月 09日 ( 1 )

2月9日 金曜 晴れ 旧暦 12月24日
d0101846_06221123.jpeg
やっと睡眠のリズムが元に戻る。
誰もがまだ寝ている時間、夜明けを見ながら珈琲を点てる、やっぱりこの時間が大事。

珈琲を点てながら、先祖にやちさんという いかず後家でしじゅうそこそこで亡くなったという人のことが頭に浮かんだ。

祖父の妹で、祖父じたい私の生まれるとうの昔にあの世にいて私は顔すら知らないのだが、その大叔母であるやちさん、という人はたいそうな猫好きであったそうな。

祖母や伯母たちが、私が猫を可愛がるのを見て、ヒソヒソと、笑いながら、やちさんに似てるなぁそっくりや、と言っていたので、なんだか自分はそのやちさんという人の生まれ変わりではないかと思うようになった。

猫が好きになった理由など何もなく、ただ初めて猫を見た時から狂喜乱舞という喜びようだった、と自分で思う。

やちさん一家は琵琶湖の水害で運がつき没落していった。
琵琶湖のそばにあったという住まい、今、プリンスホテルが建ってる辺りに住んでいたようだ。

と、なんとまぁ、なんとしょうもないことを思い出して書いているのだろう。



作品は、伸びたのではなく最初からこういう形の布を使った。
鍋つかみにもなるし、ランチョンマットにもなる。
赤糸を綴じつけてある。

あとでアップで撮ったの追加しときますね。


d0101846_06472056.jpeg