2018年 09月 12日 ( 1 )

9月12日 水曜 曇り 旧暦 8月3日
d0101846_06072367.jpeg
まだまだぐずついた天気が続くようだ。

気温は今日も低め。 そろそろ立ち上がりたい。

プライムのテレビドラマの「オリーヴ キタリッジ」が良かったので原作本を取り寄せてみた。
苦手な翻訳本なので、砂漠で三輪車にならないようにしたいが、少し読んだ所では、ドラマとは違う心理描写などあって、なかなかいい雰囲気だ。
物語の舞台が、アメリカのメイン州なのかな、大西洋岸のカナダとの国境あたり。
「八月の鯨」とか、赤毛のアンなんかもこの辺かな。
海の見える家に住んでいて、海の様子が大西洋だっ、て思うわけ。
波の様子や、海の色がね、憧れる。

どんな所でも住まわしてくれればそれでいいけど、本当の希望を言えば、窓から海が見えるところに住みたい。
どんぶらこ、どんぶらこと押し寄せる波をいちにち窓から眺めていたい。


d0101846_19135349.jpeg
台風やら地震、次々と災害が起こっている。
台風で他所んちのトタンや樋が飛んできたのだが、たったそれだけでも気持ちの負担がすごい。
幸い、持ち主が持ち去ってくれたようで助かったが、もし取りに来なかったら、いずれ、それはうちで処分しなければならないのか、と、それだけのことでもズッシリ疲れてしまうのだ。
水害や台風、地震で物がいっぱい壊れてそれを捨てたり、直したり、
ほんの少しのことでも、こんなに負担に感じるのだもの、大変なことだわ。
もう箸より重いものは持ちたくないと思っているので、災害で家がぐちゃぐちゃになるなんて耐えられないことだよ。
それでも、いざとなれば力を奮い立たさねばいかんのだろうね。

台風と地震から一週間ぐらい経ったのかな。
なんだか変だな、違和感あるな、と直感したことは、引き出しにキープしておこう。
小綺麗な説明で解らないのにわかったフリで頷くのはやめておこう。
世の中本当は至極単純にできてる、というのに賛成。