人気ブログランキング |

2019年 02月 07日 ( 1 )

2月7日 木曜 晴れ 旧暦 1月3日
d0101846_07244567.jpeg
さっぱりと晴れてきました。
時は流れて太陽が窓から見える位置に来ました。窓辺にミラーボールやサンキャッチャーを吊るすと光きらめく季節到来です。


自由研究系路線、やってますが、まだまだあきません。
ブラウンのなど、やればやるほど悪くなるという見本みたいです。
赤いのや白いのはお子ちゃま向きで自分が身に付けるというものでもないな。
キーホルダーの様なものならいいけど。

大人っぽいものも出来てます。また後日。



妙なことが頭をよぎります。
もう50年も前、駅の信号の向こう側に、お菓子屋さんの袋詰めのアルバイトを劣悪な環境でやった時一緒に働いてた社会人のお姉さんがいたので、
道を渡る時、こんにちわ久し振りですねと声をかけたら、
「それがどーしたんやっ!」 って大声で怒り出すんですよ。
びっくりですよ。

しばらく、イヤーな気分を引きずりましたよ。

で、なんで彼女がそんな事を言ったのか、50年経って、やっとああそういう事だったのかな、と思い至ったのです。

人って自分の置かれている環境以外のことって想像することができないのですね。
自分は自分のことにばかり気をとられているので、相手が自分をどう見ているかなんてわからない。
自分は充分に恵まれていない存在だと思っていても他の人から見ると、とても羨ましい人だったりもするのです。

私は特に誰のことも羨ましいと思うことはありません。
その人その人に分というのがありますからね。

でも、そうして道端で怒り出す人だっているのですよ。
ある意味、怖いことです。


どういうふうに思い至ったのかということは端折りますけどね。


50年前のことなんてこっちの記憶が書き換えられている可能性もおおいにあって、本当にそんな事があったのかどうかさえ不確かですが。

d0101846_07511837.jpeg
あったかいものを食べられるのが一番の贅沢と、テレビで言ったのか亭主がそう言いました。
おまいさまは運が強いね、
と答えると、
ニンマリと笑っておりました。
身近なところで二人もオクサンが逃げた人がおるのです。。