人気ブログランキング |

2019年 03月 29日 ( 1 )

3月29日 金曜 曇り 旧暦 2月23日
d0101846_16335403.jpeg
ずいぶんと寒い彼岸過ぎであります。
それでも桜は一分か二分は咲き出した模様。

d0101846_16342316.jpeg

::::::


ツイッターなどで有名人が亡くなったという訃報が流れると、スラリと「ご冥福をお祈りします」なんて言葉を流す人がいるが、ああいう事がどうしても出来ない。

仮にも人ひとり亡くなって、タレントさんにしろ作家さんにしろ生前になんらかのご恩を受けた方、暫くは、まあ亡くなってしまわれたのかと、静かにその方の人生に思いを馳せたい、と、そういうふうに思うのだ。
ご冥福をお祈りします、というような当たり障りのない言葉でさっさと忘れてしまっていいのだろうか。
そういうことを言わない私を冷たい人だと見る人もいるのだろう。


去年のちょうど今頃かな、桜の咲いているような時期だったと思う。

このブログでよく亭主の話をしていた。
このブログは日記のようなもので、その日その日に心に止まったことを、何も考えずダラダラ垂れ流しているだけのブログだ。

亭主のことも生活の中の大きな一部分だからよく話題に登った。

その桜の咲く頃、コメントが来て、ご主人のことを口汚く罵るのは見苦しいというような事が書かれていた。

そうなの?
自分では惚気ているつもりで、あんまり仲の良いところを書いてはいかんのじゃないのかな、くらいに思っていたが、
私が亭主を虐めている、というふうに取る人もいるんだと知る。

確かに世間の常識からは逸脱しているかもしれないが、
言いたいことを言って、関係は実は軽いのだ。
そりゃぁ、時々は居ない方がええわっ、と怒り狂っていることもあるけれども、

どちらかで祖父母さまの強烈な夫婦関係を読ませていただいたが、
1日でもお前さんより長く生きたいと言っていた鬼婆(ごめん)の祖母様が意外にご主人よりも先に逝かれて、その後、
散々虐められていた爺様は意外なことに、お弟子さんに先生も奥さんが亡くなられてずいぶん楽におなりになったのではないですかと言われ、
悲しんでいる事がわからんのかっ、と言われたそうで、

ああ、そういうものなのよ、と思ったわけです。

結婚というのは永久就職、
それもわかります。
もう知能の全てを使って関係を維持する覚悟がないと務まりません。

それには定型はなく、人それぞれのやり方があるのであって、それを外から見てああだこうだと言うのは愚の骨頂。


しかし、嫌だと思えば見なきゃいいのに、わざわざ玄関の戸を開けて人のうちの洗濯物の干し方が悪いと文句を言ってくるような人は御免被りたい。
自分の考えとは合わないようなこと書いてるブログって、そりゃぁ、ありますよ。
私はそういうのは一切見ませんね。
不愉快になるようなブログを、それでも見続ける、それがとても変。
春ですね。。

そういうことで、この前もまた何か仰ってきましたので、しばらくコメント欄エキサイトの方だけにしますね。

私もブログ歴長いからね。
こう言う場であれこれ言っても不毛だということがわかったので、マイナーなことになりそうな時は即切ります。

毎日楽しく暮らしたいからね。
そう言う批評家ぶった人との関わりは御免被りたいので悪しからず。
見ないでくださいね、それが一番ですよ。