人気ブログランキング |

2019年 08月 26日 ( 1 )

8月26日 月曜 晴れ
d0101846_16044376.jpeg
早起きな朝。皆が寝る頃に起きてしまった。
星を見ていた。星空はプラネタリウムなのかもしれない。
部屋の中からもよく見えた。

d0101846_10443765.jpeg

影法師がすごい。
自分の影を見ながら歩いた。
あまり弱々しい人には見えないが本当は弱い。

d0101846_10453672.jpeg
ちょっとエドワードゴーリーに出てくる人みたいだ。


※ ※


「うちには幽霊が住んでいる」

としか思えない出来事が多過ぎ。

昨日の誰も知らない栄養ドリンクの箱があったり、ちょっと前はダイドコのスポンジとタワシが消えた。

何年か前の出来事だが印象深い出来事がある。

お口ぐちゅぐちゅモンダミン、という商品がある。
あれを買って洗面所に置いていた。
一度か二度使ったが、辛いのでその後使わずにいた。
何ヶ月か経って久し振りにそのボトルを持つと、底の方にわずかにしか残ってない。

不思議に思って同居人に、アレ使ってるの?と問うと、いいえ、一回も使ったことない、と言う。
おかしいではないか、誰も使わないのになんでほとんど無くなっているの?

別に使ったことを責めているのではない、なんで無くなっているのか気になる、と言うもガンとして使いました、とは言わない。
蒸発したんだとか言う。
蒸発?フタがしてあるのに蒸発して無くなるものか?
揮発性があるんじゃないかなとも言う。

ついこの前は化粧水がわずかひと月足らずで満タンに入っていたのが無くなりかかっている。(自分は不精して使っていなかった)
朝見るといつもフタが閉まっていない。

これもシラを切るつもりらしいが、フタが開いている。
一体どういう使い方なのだ、数週間で化粧水を使い切るって。

ガンとして白状はしないので、うちには幽霊が居るのだと思っておけばいい、という結論。
ああいうのは、パッと頭が使ってません知りません、というストーリーに切り替わるので嘘をついているという自覚がないというヤマイなのだとオモウ。

それとも、ほんとうに幽霊がひとり住み着いているのかもしれない。
ダイドコのタワシとスポンジ、なんでそんなもの持っていくのよ幽霊さん。