人気ブログランキング |

2019年 10月 16日 ( 1 )

10月16日 水曜 晴れ   
d0101846_06385625.jpeg
今朝は早起きだった。この時期なかなか夜が明けない。
寒くて暖房入れたいくらい。
夜明けまで時間があるので、冬用の衣料を出すことにした。
何があるのやらあまり覚えていない。見るとあまりときめかないものばかり。
普段ばきのパンツが寿命がきてるふうで二本作り替えたい。

このなんとか気候のいい時に、やらねばならぬことが山のようにある。
昨日は結局庭の草刈りを主にした。ずいぶんとマシにはなってきた。
動画の綺麗なのを撮りたいという欲が出て頑張っておるのだ。

衣服部屋の隅にこのシルバニアファミリーがいるな、とは前々から気づいてはいた。
居たのね、って感じ。

シルバニアファミリー、ちょうど第二団塊世代の子供の頃に流行った玩具。
そのせいだなと、密かに思っているのは、近頃の住宅、このファミリーのドールハウスになんだか似ている。
何だか玩具の家っぽいのが建つ。



あの頃(シルバニアファミリーが流行ってた頃)、一億総中流、なんて言われて、なんだかその気でいたが、先日の台風で、川が溢れそうになったらば、都心に被害が及ぶ前に途中で溢れさせるように密かに計画が為されている、と言うのを聞いて、なんだかいやーな気持ちを収めることが出来ない。

もう一億総中流なんて幻想はとっくに終わっていて、富めるものと貧しいものがはっきりと二極化し、まるでタイタニックの一等客室と三等客室みたいにきっぱりと分かれてきているのだ。
三等に乗った人は事が起これば沈むしかないのか。

庭動画を#荒れ庭なんてハッシュタグで出したら関連動画で、すごい僻地の古い家を手に入れて暮らしている人達の動画がいっぱい出てきた。
電気も水もな所で知恵を絞って暮らしている若夫婦、子供までいる方や、古い小屋の中に、立派なピアノが置いてある人、海の側で夕暮れには海に沈む夕日を眺めている人、

これらを動画で見るとちょっと感激する。

もう都会に住んで満員電車に乗ったり、役にも立たない地球を破壊するだけの仕事をしたりするの、やーめた、と言う人がどんどん増えていってもおかしくない。
川が溢れれば低い土地に住んでるものは犠牲にしようという。
それならば、そんな社会から いち抜けた、というのもごく当たり前のことのように思える。
教育が壊れたらもう後は自由になれる、そんな気がする。
なにせ学校には縛られるからね。人口もそのうち増えていくだろう。