4月22日 日曜 晴れ 旧暦 3月7日
d0101846_05560305.jpeg
わたくし、地位も名誉も財産もございませんが、これだけは自慢で、あちらこちらでこんなのを見せびらかしてヒンシュクをかっております。
プラスですかマイナスですか、20センチはいけます。
この写真はまだまだ余裕です。

しかしこのポーズも脳内イメージではもっとカッコいいのですが、なんだか‥野人のようですねぇ‥

というようなバカなことをやっておりますが、また低気圧が接近してるんでしょうか。
頭が重〜いです。

きのうはベランダのペンキ塗りを完了。
ついでに雨戸と玄関ドアもペタペタペンキを塗りました。

きのうは気温が上がり、さすがにズボンの二枚ばきはやめました。
この写真の時はまだ二枚だったっけ。
最近ちっとも風邪引かなくなったな。





4月21日 土曜 晴れ 旧暦3月6日
d0101846_06050338.jpeg
脚を悪くして正座が出来なかったが、いつの間にか出来るように治っていたので、趣味の場所を元に戻した。
ペタッと座ってこのような刺繍なんかしているといい気分である。





時々ツレが、テレビで仕入れた料理や家事の知識を自慢げに披露するが、たいがい「わかっとるわっ、そんなことっ」とオクサンにやり込められている。
(オクサンってわたしね)
何かいい例があれば話がわかりやすいのだが、とにかくしょうもないことばかりなので、こちらもすぐ忘れてしまう。

要するに、それ、主婦歴40年の人がそんなことも知らんとでも思ってるのか、ということにハラが立つのである。
そんなことも知らんで40年も主婦は務まらんし、それを知らんというふうに思っているこの同居人の無知にハラが立つ。


孫ニくんが小さい頃、何か教えてあげると必ず「‥しってるよっ」と見栄を張る。
いつか、あんまりそれを言うので、ちょいとここに座りたまえ、と説教をしてやった。

大人が何か教えてあげているのに、知ってるよ、なんて言うのは可愛げがないし、それに知ってるわけがない。外でもそれを言ってると憎たらしい子だと思われる。
あんただって、自分より小さい子に何か教えてあげて、しってるよ なんて口を尖らせて言われたんじゃ面白くなかろう。

というようなことを言って聞かせたら、よーく解ったらしく、
そうかそう言う時は「そーなんだー、知らなかったぁ」と言えばいいんだね、と半ばふざけて言っていたが、その後その癖はピタとなおった。


さて、私は同居人に「そーなんだー、知らなかったぁ」と言った方が可愛らしいということは分かっている。
分かっているが、誰に向かってそんなアホらしいこと言っているのや、というという気も抑えられない。

まぁ、私も大人だから世間様にはそうは乱暴なことは言えないけどね。



そーそー、思い出したよ。いい例。

「おまえ、天ぷら油が加熱して燃えだした時どうするか知っとるか」というのである。
「はぁ? ガス消して、野菜かなんか放り込んで、、蓋して空気遮断する?そんなとこかね?」
(実際そういう目にあったことがないので、ほんとにこれでいいのかどうか、もし経験された方がいたらばお話を伺いたいものだ)

「一番やったらいかんことは、水掛けることなんだぞ」と言う。

え〜〜! あったり前やん。
ちょっと待て、テレビでそんな事をまことしやかに放送してるということは、燃えてる天ぷら油に水かける人もおるんかいな、おそろしいことやわそれ、と思ったのだった。
そしてだ、私がそんなことも知らずに毎日台所仕事をしているのかという亭主の認識の問題にハラタツのりなのだ。


d0101846_06553798.jpeg


4月20日 金曜 晴れ 旧暦 3月5日
d0101846_22155203.jpeg
33ちゃんが来て一年が経ちました。
この一年間けっこう色んなことがあって、ちょっと時間の感覚がヘン。まだ1年なのか、という感じが。
この頃にはまだぢろりちゃんもいたしね。

こういう子猫の時代はあっという間で、写真撮っても動きが速いものでほぼピンボケで、もっとしっかり撮っておけばよかった。


d0101846_22133271.jpeg

今はもうこんなになっちゃってます。
クロリ兄ちゃんがすごくお世話をしましたが、最近はもう干渉してません。

d0101846_22064911.jpeg

加工しすぎなゲージツ的な写真。
昨日です。

d0101846_22062949.jpeg

クロリちゃんがずいぶん小さく写ってますが、カメラのせいです。

d0101846_22070250.jpeg
猫と人間との距離感が好きです。
ベタベタとまとわりつかない。兎では情が通わない(多分)
少しだけ繋がっている、それがいい。




# by daikatoti | 2018-04-20 06:36 | | Comments(0)
4月19日 木曜 晴れ 旧暦 3月4日
d0101846_06414105.jpeg
昨日はイケてない1日であった。

もっとしっかりしなよ、自分。
しょうもないアポに一日無駄にした。

前日に郵便局から電話があり、なにやら年金を落とし込んで頂いておる御礼に伺いたいとか言う。
えー、めんどうだな、結構ですそんなこと。
と断るが、断り方が中途半端だったのだろう。押し切られて、それじゃ明日2時から3時までの間に伺います、といって向こうが電話を切った。

電話を切った後、えー?、、2時から3時ぃ、、昼寝してる時間やん、、ということに気がつく。

それで馬鹿げたことではあるが、1日、なんとなくほんのちょっとでも人が訪ねて来るということに疲れ、1日何も手につかないのである。

毎日予定のない自由に時間が使える生活をしていると、ほんのちょっとした予定がものすごく気が重い。
第一にその時間を覚えて意識していないといけないということに疲れる。

そして、もう頭が爆発することに結局、その郵便局の職員は予定の時間に来なかったのであるよ。

抗議の電話をした後、やってきてたようだが、ドアは開けなかったよ。

まったく、人のだいじな時間を弁償してもらいたい。
人と約束した時間を勝手になんの連絡もなく放棄するなんて郵便局がそんな事やってていいのか。

だいたいこんなことにアポを取るというのは、あちら側のロスを少なくしたいからで、本当に人を馬鹿にした話であるよ。

もう、人にしょうもない温情を掛けるなんてことをしていてはダメだ。
つい、この人も上司に言われたノルマがあるのかもしれないし、無下に断っては気の毒なのかな、なんていう生っチョロい事が頭をかすめたのだ。

とにかくキッパリクッキリお断りすること。


なーんにも予定がなく、好きなことをして楽しい自由な時間が過ごせる事が、もう、なんていっても最高のことだ。自分には。



そうそう、コメント欄にすごいスパム?っていうのかな、英文字のが大量に入ってるんですけど、今一応削除しました。これどういう目的なのか知ってる人教えて。


4月18日 水曜 雨 旧暦 3月3日
d0101846_06210980.jpeg
雨降ってます。草木の喜ぶ雨です。
雨の降る前って頭がぼんやりして具合悪いですが、降ってしまえば解決。


さて、こんな年になって、やっと立つというのはこういうことか、悟れた気がいたします。
立つというのが苦手でね。
この苦手の元を探ると、小学校の時、朝礼でたいがい気分が悪くなったことに由来するのではないかと。
気持ち悪いですねアレ。顔が真っ青になって冷や汗が出て、目の前が暗〜くなるんですよ。
バタっと倒れてしまえばまだ良かったんだろうけど、じっと我慢するわけですよ。

朝礼の時など、休め、という姿勢を取るように言われましたけどね、アレどうなんでしょう。


このところ、片脚立ちというのをやっていて、体の中心は腹にあるな、ということに気がついた訳です。
ここがふにゃふにゃしてると立てない。
試しに普通にまっすぐ立って、肩の力や膝の力も全部抜いて、ヘソ少し下辺りの丹田と言われる場所を意識して立つと、楽に立てるんですね。

これ、休めの片足に重心をかけて立つのよりうんと楽ですね。


臍下丹田って心身の気が集まる所らしく、昔の人はここを大切にするよう言われていたようです。
信ぴょう性の方はわかりませんが、幸せホルモンのセロトニンという物質も、脳ではなくここから多く出るという説もあるらしく、やっぱりお腹って大切だなと思うのであります。


足をハの字型に広げて立つクセがありますが、これは膝を傷める元だと、整形外科で言われたので直さないといけませんです。