人気ブログランキング |

カテゴリ:猫( 91 )

1月19日 日曜 晴れ
猫に占領される_d0101846_16274743.jpeg

今のところよく晴れて東の空は金色。

エアコンの吹き出し口のここは、ものみな落とされ猫の場所となる。
干からびるよ、おまいたち。

猫に占領される_d0101846_13482463.jpeg
ものを捨ててる割にゴタゴタしてるね。
風邪をひいた一週間だった。久し振りに流行病に倒れたが、暮れの買い出しに行って、テイシュが風邪菌を貰ってきたのがそもそも。
武漢からの肺炎も気になりますね。
流行病なので、今引いてる風邪も、なかなかしぶとく、ものを作ろうという気にはまだならない。



猫に占領される_d0101846_07075962.png


久し振りにピンタレストでシニア世代の着こなしを見てみたら、この方発見。
どこのどちら様か知らねども、カッコいい着方だ。
ポーズも決めておられるのね。ふむふむ。
こういうポーズでその人の内面が現れるからね。どういうひとなのかおおよその見当がつくというものだ。
気が合いそうか、そうでないか、と言うような視点だけどね。
ものの考え方、捉え方だとか暮らしぶりだとかね。





世の中にあるもの全て既にあるものの組み合わせ、という関連事項で、
松浦弥太郎さんのご機嫌な習慣に、こういうことが書いてあった。

20歳の頃ニューヨークでビンテージマガジンやアートブックの販売をしていたが、それらをアーティストやクリエイターがアイデアソースに使っていたということ。
私も最近ああそうだったのねと思うことがよくある。

例えば、今Amazonプライムの映画に1949年版の若草物語が出ている。
ビジュアル的に、とても素晴らしい映画だ。みれる方はチラっと見てみて下さい。

その中の女優さんたちが着て演じている服、髪型、メイク、ああ、内藤ルネさんの絵はここがソースだったんだなと分かる。
あの金子國義さんの絵もちょっとそんな感じがしてしまう。

子供の頃夢見心地で見ていた少女漫画のドレスなんかはみんな外国映画のパクリだったんですよ。

いや、パクリっていうと悪いことみたいだけど、1949年に洋画を観ることが出来た人って限られてるし、その楽しさを一般大衆に広めてくれたんだから、おおいに感謝すべき事だ。

そして、ニューヨークの話に戻ると、アーティストは、ソースにする事を何も悪びれていないし、ソース元を尊敬し、ソース元を堂々と公言しているのだと書いてあった。

ゼロから何かを生み出すなんて時間が掛かりすぎて、また、それは不可能に近い事なのかもしれない。
だが1からものを生み出すことは可能だ。ヒントを得て、それ以上のものを作る事を目指す。

なんだか、最近要約を読んだ本の中にこれと共通することが、あちこちに書いてある。


1月10日 金曜 晴れ
体の声に耳を澄ます_d0101846_18470207.jpeg
昨日は明るくなってから起きてしまったので、どうもイチニチがうまく回らなかった。

今朝は、順調。
歩数を散歩に行く時だけ測っているが、いったい日常家の中で何歩歩いているのか測ってみることにする。
けさ、家に中の用事を済ませると730歩くらい歩いている。

庭仕事などやりだすと、結構行きそうな気がする。


朝、日が登ってくると見なくてもすぐわかる。部屋の気温が急に降下するのだ。
気象庁的には夜明けというのは太陽が水平線から全部出た時間を言うみたいだが、
自分的に夜明けと言っているのは、太陽が水平線から出てきた時間のことである。
30分ほど差がある。
この辺では今は6時30分頃に明るくなり始める。
日の出時間は今日は7時。東京は6:44分。16分も差がある。


そんなわけで、昨日は、食品の買い出しに行ったくらい。

体の声に耳を澄ます_d0101846_18473299.jpeg
名古屋名物の一つ、きしめんだけど、あまり人気がないと言うか、店も専門にやってるとこなどほとんど無いのではないか。
唯一、名古屋駅のホームで立ち食いの店があるのだけども、この年になってわざわざ駅のホームで立ち食いのきしめんを食べる気にもなれず、それでも時々は食べたいとは思うのだ。
で、駅のホームでお馴染みのきしめん、というのが出てたので、早速買ってみて昼ごはんとする。

体の声に耳を澄ます_d0101846_18471932.jpeg
うん!でらうま。

具は本当はほうれん草の茹でたのと蒲鉾も入るのが定番。
油揚げが大き過ぎて肝心のきしめんが見えないが、麺がふっくらして、茹でると透明になってピラピラ薄い。
お汁もなかなかいいお味。

私は味噌煮込みより、こっちの方が好きだな。

うどんってね、消化が良さげな食べ物に見えるけども、
最近讃岐うどんは、コシが強過ぎて噛みきれず、後で胃がどしんとする。

ラーメンの太めのつけ麺を食べた時も、次の日まで、どっしりが残った。

麺は消化がいいと思い込んでるけど、これはダメだ、と悟る。
近頃は相方もそう言っている。

このきしめんならいいんじゃないのと意見が一致。




クロリちゃんは、元外猫でありましたのですが、木から降りられなくなって消防署のお力を借りて降ろしてもらった時から家猫となる。

もう外のことは忘れたようだが、時々抱っこして外に連れ出してやるととても喜ぶ。
こうして草の上に置いてやると、グルグルと喉を鳴らして、悶絶する。

やっぱり生き物はたまには土の上に置いてあげないといけないのだなと思う。
電気を地面に落とさないとね。
アーシング。
晴れた日には少しの時間だがこうして連れ出してやる。
一時期、痩せて体調悪そうだったけど、この頃またよく太って、持病の皮膚病も治まってきた。


体の声に耳を澄ます_d0101846_18475404.jpeg
休耕田はひび割れてくる。
分かりにくいが雨水が溜まって池のようになっていた。
散歩道にて。





12月31日 火曜 晴れてきた  旧暦 12月6日
猫にガン無視されるお節_d0101846_17411004.jpeg
ネタの使い回しで、またかと思われる方もおありでしょうが、、
美味しそうな魚介類お節を無視してボクシングに興じるネコズ。

さぁて、きのうはいちにち雨で買い出しに行くのも不自由。それなのにお店は大混雑。

今日はそれなりに忙しい。

大祓という言葉を聞くこともあったが、煤払いのことかいな、くらいの認識しかなかって、大祓(おおはらえと読みますぞ)

今の若い方々がずいぶんと神社のことに詳しい。
私ら、何も知らん、いや、わたしだけか?

YouTubeにも神社チャンネルなんてのがありまして、まぁナニはナニなんですが、、
こういうことも知っておいて損はないのかなと。

あの水無月を食べる夏越しの祓というのと、年越しの祓というのが大事なんだそうです。
浄めたり祓ったり、まぁ悪いことじゃないからいいよね。

ああ、明日はお正月なのだ。
みなさま良いお年をお迎えください。
今年もお付き合いいただきましてありがとうです。感謝感謝。






12月2日 月曜 小雨
飼い主を見下す猫_d0101846_07141370.jpeg
いちにちゆっくり休養して復活。
今朝は雨。雨だけど鳥がうるさく騒いでいる。

体は湯たんぽで温め、頭はアイスノンで冷やす、というのが最近やってる疲労回復方だ。頭寒足熱ってやつ。

そんな状態でAmazonプライムのタダ映画でドクターXをいちにち観続けた。

手術場面も最初は怖かったが、慣れというのは恐ろしい。これだけ観続けるとどうということない。
米倉涼子さんも素敵だが、なんと言っても岸部一徳がねぇ、謎の役者よ。
上手いのか下手なのか理解に苦しむが、存在感が半端ない。
あちこちの映画やドラマに顔を出す人だ。
あのスキップ最高。
元タイガースだからね。うん。
…あ、
そう言えば中曽根さん、とうとう亡くなったわね。

飼い主を見下す猫_d0101846_07443485.jpeg
こういう暗い日は、冬季うつ病に注意。
電飾を着けてキラキラビームを!




10月18日 金曜 小雨
小さ過ぎた_d0101846_21324132.jpeg
えらい天気が悪くてちっとも明るくなりません。
朝から、タワマンのことに詳しい建築?いや、不動産屋さんかな、
…の方の動画を見ていたら、どうも京都の生まれの方らしく、京都人談なども結構面白く聴かせていただきました。
あ、最近朝のワイドショーにも出演されたとか。

本音を言わない京都人気質、聴いてる方は探らないかん、むつかし、むつかし世界。
あら懐かしい。
5分で済む用事が、あれこれ持って回った言い方をされて1時間、その間頭の中で激しくそれの本音を探らないかん、おおもうやめて、やめて。
そんなこと。

面白うございました。


肌寒うなって布団の上に乗ってこられるので身動きできんので猫ベッドを買いました。

ニトリでね。
わりとシンプルでいいでしょう?色がゴタゴタしてないし、馴染みます。
ニトリって商品に値段がついてない事がおおく、うっかりミスで、この前買った人間用の毛布や枕よりもこっちの方が高かった、という痛恨の事態。

ご覧のように小さ過ぎで2匹入るのはちょっと苦しい。





↓画像はお借りしていますが、よろしいのでしょうか、お許しください。
小さ過ぎた_d0101846_21332706.jpeg
水害の様子があまりに酷いので、水害のことが頭一杯になりこんな地図も見てます。
これは西暦717年の愛知県の古地図です。
今の名古屋の中心部は全て海なのですよ。

デフォルメされてて見にくいですが、木曽川とか庄内川の河口は今から思うとうんと陸の方だったんですね。

うちの辺りはどうもギリギリ陸だったようです。
昔からの地名から察するにそういうことなんだろうなと推測できます。

あの武蔵小杉という所も、昔は川が流れていた場所だったとか。
流れを変えちゃってもまた何かあれば川も先祖返りしてしまうんですね。
ここもそのうち海に帰るのかしら。
江戸時代まではまだ尾張は湿地帯で通りにくく、東海道の旅も、鳴海や熱田の辺りから舟で桑名に渡ったとか聞きます。

古くから名古屋に住んでいる方は、今の名古屋駅前のビル乱立してる所などは、ほんの2〜3代前には湿地であったという事を知っています。

水の側っていうのはどういう事が起こってきたのかということを記録に残して言い伝えていかないといけませんね。

9月26日 木曜 晴れ
猫め!_d0101846_21403619.jpeg
今日もよい天気。
秋は天気がいいから有難い。
33こちゃんも縁側の猫コーナーでまったり。

昨日は運動会があった。◯くんがリレーに出るのでその時だけ見に行った。
クラスの席の前に来ると走りながら投げキッスをする不真面目なコである。
そのあと転んだりしたら面白かったのに。
すでに大差がついていたので盛り上がらず。
障害物競争では、一番に網に飛び込んだが靴が網に引っかかったとかで敗退したそうだ。

なんとなくそんな家系。。

猫め!_d0101846_06543684.jpeg
猫のいない清潔な暮らしを夢見ているが、いつも猫がいる。
うちのゴミは殆どが猫由来である。

こんな掃除道具を使ってる。
もう一台大きなのがあるが重いので滅多に使わず。

朝起きるとまず、夜中のうちに沈殿したであろう床の上の猫の毛をワイパーで取る。
おお、こんなに取れたと、いつも嬉しい。

布団の上にも乗ってくるのでそれはマキタの掃除機で吸い取る。
ゴミが見えるようになってる。
これも、おおこんなに猫の毛が、と嬉しくなる。

爪研ぎの段ボールの破片や、トイレ砂の飛び散ったのはこの掃除機では吸い取れない。
それらはホウキとチリトリで回収する。
この前、玄関用にとこのセットを買ったが、大き過ぎたので、部屋の中で使うことにした。
柄が長いので屈まなくていいのでラク。
ちょうど冷蔵庫と壁の隙間に立ててしまえるので、それもいい。

いくつかペーパーも揃えている。真ん中はウエットな紙。
セブンイレブンで買えるこれは、分厚くて使いよい。
分厚いが差し込む部分は薄いので扱いもラク。

雑巾での掃除というのは私には向かない。
雑巾を洗うのがイヤなのである。ズボラ。

この前古民家で楽しそうにお掃除してる方の動画を見て、私も綺麗に保てるようにしている。


猫め!_d0101846_21421144.jpeg
おやつは、食べやすい形の五平餅です。



33こポートレート_d0101846_07362563.jpeg
おはようございます。
熱帯夜で夜中に目が覚めました。
二度寝コースをたどりました。

予定の写真に猫の毛が写り込んでいました。

撮り直して出直します。

今朝の湿気はすごい。あたりが霞んで見える。



7月5日 金曜 曇り 旧暦 6月3日
猫の首飾り_d0101846_20250622.jpeg
猫のために首飾りを作った。
人用のブレスレットの使い回しではない。猫の首って案外太い。

この後、うとうと昼寝をして目覚めたら、
首飾りは千切れてソファの上に落ちていた。

いったいどんな具合に壊れたのか点検。

猫の首飾り_d0101846_05510902.jpeg
ややや、一番弱いジョイント部分は壊れず、クサリが切れている!

クサリなんて、ヤットコ二本で左右に引いても外れんくらい頑丈にできてるよ。
一体どれだけ力持ちなんだ、猫。。

玉まで半分に割れているではないか。


余談だが、うちは猫に首輪はしない主義。
万が一外に出て帰ってこれなくなった場合、首輪があると危険。
枝なんかに引っかかる場合だってあるので首輪はしない。

これは、万が一のことがあっても、カンがすぐ外れるようにとわざと細いカンで留めてあったが、まさか鎖の方が切れるなんて。



※ ※



ここでペラペラ喋っているような言葉はみな何処かから引っ張ってきたもので、自分自身の考えついたことなんてないのだ。
引っ張ってきたことの羅列であります。
そう考えると、自分の無能さが嫌になるが、なに、誰だっておおかたはそうなのである。


で、最近、そう夏至が過ぎたあたりから、なんだか流れが変わってきたのか、
争いごとめいたことや、怒ること、そういうのがもう体力的にもう無理、って強く感じるようになってね。

何か、宇宙から光の光子がキラキラと降ってきて魔法をかけたような気がするのよ。

穏やかに、静かに暮らしていきたいなと。



6月14日 金曜 曇り 旧暦5月12日
33こ_d0101846_05415161.jpeg
雨が近づいている。まぶたが重い。
半袖では寒く長袖では暑い、ムツカシイ気温。
それでも今年は長袖の出番が多い年だ。昨日は爽やかに晴れた。


このところ、ちょっとした気づきがあった。
人は多面体、なんて言っているが、ああ、そうだ、
自分だって多面体なんだ、ということに気がつく。

だもんで、優しい自分がいたり、冷酷な自分がいたり、
親切だったり、そうでなかったり、
明るい人だったり暗い人だったり、
ちっと賢い日や、とんでもなく阿呆な日、
そういうのひっくるめて自分なんだから、
明るい自分も認め、暗い自分も認め、冷たい自分も、その他なにもかも認めてしまえば、急になんだか気が軽くなったのであった。

無理にそういうものを統合しようとするので、心がしんどかったりする。

様々な自分を認めて根元のところでしっかり結んでおく、
タッセルみたいなカタチ。

八百万の自分がいるのである。(ヤオヨロズ と読んでね)



夏用のバッグを調達。
自作ではない。電子フリマにてゲット。麻ひもで出来ている。


6月11日 火曜 晴れ
シュール_d0101846_18410260.jpeg
花の場所がシュールなことになっていた。

参った、気候不順。昨日はついに暖房を入れた。

住まいの中も何やら湿気ていて居心地が悪い。


シュール_d0101846_05215197.jpeg

おまい達も寒いのか。


無愛想な猫どもである。
ご飯くれという時ぐらいしか人間には近寄らない。

ご飯くれという時は、思いっきりしおらしく泣く。

ご飯代は人間の食べる米より高いし、トイレ砂にかかる費用だっている。

たまに医者など連れて行くと破産しそうになる。

何やってんだかと、いやになるが、何かしらいつも猫がいるのである。

もっと、ふにぁっとした たまにはすり寄ってきて膝の上にすわるような可愛い猫が欲しいと密かに思っている。
内緒だけど。


シュール_d0101846_06194311.jpeg
これはいったい何の動物なんだろう、 と思う時があるよ。